米国ナスダックマーケット15(月)

※5/16 17:50 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

170515_u_DT.png


15日のボトムスキャン TOP5
170515_u_BS.png


15日のナスダック総合指数
170515_u_COMPX.png



さて、それでは検証を始めます。

昨夜の自身の成績と、オフィシャルの結果は、以下の通り。


170515_u_QMALL.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


自身の手仕舞いを、チャートで確認してみます。


ロングサイド


① AAL +30ドル
AAL_3m_170515.gif

呑み込み陰線が出た為、脱出。


② WFM +240ドル
WFM_3m_170515.gif

呑み込み陰線が出た為、脱出。


③ COST +255ドル
COST_3m_170515.gif

呑み込み陰線が出た為、脱出。


④ CHTR -43ドル
CHTR_1m_170515.gif

上値が右下がりになってきた為、脱出。



⑤ CMCSA -20ドル
CMCSA_1m_170515.gif

上値が右下がりになってきた為、脱出。



ショートサイド


⑥ JD +190ドル
JD_3m_170515.gif

呑み込み陽線が出た為、脱出。


⑦ EXAS -250ドル
EXAS_3m_170515.gif

下値が右上がりになってきた為、脱出。


⑧ SYMC -100ドル
SYMC_3m_170515.gif

2本目が逆色足の為、脱出。


⑨ EBAY -80ドル
EBAY_3m_170515.gif

2本目が逆色足の為、脱出。


⑩ TSLA -216ドル
TSLA_3m_170515.gif

下値が右上がりになってきた為、脱出。

値幅を考えると、2本目脱出でよかったかも?



と、ここまでで検証は終わり。

オフィシャルの記事でも、意味のない195分足は見ない方が良いと、アドバイスをいただきましたので

今日からは195分足は見ない方向で進めたいと思います。


変わって30秒足を採用!


と、行きたいところですが、コチラは今の自身にとって、あまり成績に影響があるとは考えていません。

30秒足を使ってないから、成績が悪くなった訳ではないですからね。

(先月、先々月と30秒足は見ていない)

30秒足を使えば、成績の向上は間違いなくあると思います。

以前のQMALLでは3分足の手仕舞いしか、使っていませんでしたからね。


つまり、現状の成績の悪さは、他に問題がある為ではないのか?

そう考えるのが自然だと思うのですが、いかがでしょう。


本日の結果から見ると、① AAL の手仕舞いですね。

呑み込み足が出たから、脱出。

チャートパターンの認識としては、間違ってない?はず。

しかし、オフィシャルではホールドしている訳で、このあたりの判断の差が大きいのかと考えています。


単純にバンドを割るまでホールド!

を試したこともありましたが、これだけでは上手く行かない事も、すでに経験済み。


どういった時に、呑み込み足が出たら脱出するのか?

反対の色の足が出たら脱出するのか?

2本目で突然長い足が出たとき、脱出するのか?

バンドを割るまで、ホールドするのか?

あるいは20MAを割るまで?


このあたりの切り分けが出来ていないのは間違いないと思います。


今1番考えているのは、値幅の把握ですね~

今までもらったアドバイスの中でも、1番意識していないポイントなので。

しばらく検証してみたいと、考えています。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する