米国ナスダックマーケット08(月)

※5/9 15:23 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

170508_u_DT.png


8日のボトムスキャン TOP5
170508_u_BS.png


8日のナスダック総合指数
170508_u_COMPX.png



さて、それでは検証を始めます。

昨夜の自身の成績と、オフィシャルの結果は、以下の通り。


170508_u_QMALL.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


自身の手仕舞いを、チャートで確認してみます。


ロングサイド


① JD -370ドル
JD_1m_170508.gif

反対方向に動き出した為、脱出。

長いタイムフレームでは、アップトレンド。

JD_195m_170508.png

大きなギャップ。1分足2本目までで、かなりの位置まで伸びている。


② XLNX -125ドル
XLNX_1m_170508.gif

反対方向に動き出した為、脱出。

長いタイムフレームでは、アップトレンド。

XLNX_195m_170508.png

脱出時点ではそこそこの伸び。


③ CTSH +55ドル
CTSH_3m_170508.gif

トレンドが崩れた為、脱出。

長いタイムフレームでは、アップトレンド。

CTSH_195m_170508.png

脱出時点で、かなりの位置まで伸びていました。


④ AAPL +375ドル
AAPL_3m_170508.gif

同色足4本。最後が長い為、脱出。

長いタイムフレームでは、アップトレンド。

AAPL_195m_170508.png

脱出時点では、アベレージを少し超えた位置ぐらい。

最終的には、アベレージの2倍程まで伸びた感じか?


⑤ VRTX -350ドル
VRTX_1m_170508.gif

トレンドが崩れた為、脱出。

長いタイムフレームでは、ダウントレンド。

VRTX_195m_170508.png

上に抵抗となる要素が多数あり。


ショートサイド


⑥ EXAS -560ドル
EXAS_3m_170508.gif

2本目が逆色足の為、脱出。

長いタイムフレームでは、アップトレンド。

EXAS_195m_170508.png

3分足1本で、かなりの位置まで伸びていましたね。


⑦ COST +330ドル
COST_3m_170508.gif

同色足4本。最後が長くなったため、脱出。

最後脱出直前で、下髭が出てしまった感じです。

長いタイムフレームでは、アップトレンド。

COST_195m_170508.png

前の足を呑み込んできた流れ。


⑧ ESRX -95ドル
ESRX_1m_170508.gif

トレンドが崩れた為、脱出。

長いタイムフレームでは、トレンドのはっきりしない位置。

ESRX_195m_170508.png

上下どちらかにしっかり抜ければ、伸びが期待できた感じか?

3分のトレンドが崩れたら、よほどのことがない限り、脱出した方が無難かと。


⑨ MYL -160ドル
MYL_1m_170508.gif

トレンドが崩れた為、脱出。

1本脱出が遅かったかも。

長いタイムフレームでは、トレンドのはっきりしない位置。

MYL_195m_170508.png

前日の最後が陽線で、ギャップダウンで開始。

3分足の1本目が陰線だった事を考えると、下への動きが強いか?

と、考えて、1分足で1本余分に持った感じです。

最終的には、やはり下げましたね。


⑩ CSCO +170ドル
CSCO_3m_170508.gif

長い同色足が続いたのち、陽線が出た為、脱出。

長いタイムフレームでは、アップトレンド。

CSCO_195m_170508.png

脱出時点で、そこそこの位置まで伸びていました。

ローバンド近く&直近の底付近で、伸び悩み。

底抜ければさらに期待できそうですが、手堅く取るならここしかないかと。



と、ここまでで検証は終わり。

今日は大き目のマイナスで終了。

きっちりとカットロスできていたのか?

あるいは、ローソク足のフォーメーションで、手堅く取れていたか?

が、大きな検証ポイントになります。


検証の結果、オフィシャルと比べると

30秒足での脱出の差(カットロスの差)と、伸ばせたかどうかの差(④ AAPL)

が、殆どの差を占めていますね。


現状、自身の手仕舞いは、最短で1分足単位なのですが

1分足の手仕舞いとしては、ほぼ問題ない手仕舞いが出来ていました。

伸ばせたかどうか?の差も、手堅く取ることに関しては

チャートパターンをしっかりつかめていた模様。

基本的に、出来る事はちゃんとやったうえでの結果だったと言えますね。


まずはここが出来ていないと、伸ばす事も、30秒足の脱出も判断できないと考えていますので

しっかり固めてから、次のステップへ移るつもりです。

この手仕舞いでも、プラス以上にはなるはずなので(先月までの検証の結果)

プレッシャーに負けず、頑張っていきます!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する