米国ナスダックマーケット21(火)

※3/22 14:54 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

170321_u_DT.png


21日のボトムスキャン TOP5
170320_u_BS_20170321231109b49.png


21日のQQQ
170320_u_QQQ_20170321231107517.png



さて、それでは検証を始めます。

昨夜の自身の成績と、オフィシャルの結果は、以下の通り。


170321_u_QMALL.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


自身の手仕舞いを、チャートで確認してみます。


ロングサイド


① LJPC -600ドル
LJPC_3m_170321.gif

2本目が逆色足の為、脱出。

1000株銘柄で、20MAより下で推移。

2本目、ギャップダウンで開始。


陰線になれば、どんな形であろうと脱出の予定でしたが

かなり大きなロスになってしまいました。

個別で、ここまで大きなロスが出たのは

QMALL再チャレンジ後では初ですね。


② KHC -260ドル
KHC_3m_170321.gif

20MAを大きく割って陰線。-150ドルも超えている為、脱出。

3本目陰線でしたが、20MAより上で踏みとどまったので

-150ドル以内だった事もあり、ホールドしました。


こういう判断ですね。よくある、自身の悪い判断は。

様は、ストップを割ってないのでホールドした訳ですが

その後上がるのか、下がるのか?

逆に動くとどうなるか?まで、よく考えていません。

「ストップを割ってないから、上がるだろう」ぐらいの考え?

で、ホールドしてしまっていたと思います。


③ AMZN +66ドル
AMZN_3m_170321.gif

陰線3本で、前の陽線を埋めた為、手仕舞い。

どういう時にホールドすればいいのか?判断できてない以上

前の足(長いのを除く)を埋めたら手仕舞いは

今後伸ばす際の基本になりそう。


④ SBUX -20ル
SBUX_3m_170321.gif

2本目が逆色足の為、脱出。

20MAより上の位置でしたが、前日とのギャップが大きめ。

2本目はギャップダウンで陰線、1000株銘柄。


⑤ FANG -40ドル
FANG_3m_170321.gif

呑み込み陰線が出た為、脱出。


ショートサイド


⑥ GBT ±0ドル
GBT_3m_170321.gif

2本目同時足。20MAに近い位置での同時だった事もあり

念のため、脱出しました。

20MAより上で推移。1000株銘柄。


⑦ CSX +160ドル
CSX_3m_170321.gif

同色足4本。最後が長くなったため、手仕舞い。

次が同時で、さらに下げた事を考えると

まあ、1回目の下げはキッチリとれたのかな?と。


⑧ DLTR +360ドル
DLTR_3m_170321.gif

同色足3本。最後が長くなったため、脱出。

これは1段で終わってしまった感じでしょうか?


⑨ IBB -104ドル
IBB_3m_170321.gif

2本目が逆色足の為、脱出。


⑩ FOXA ±0ドル
FOXA_3m_170321.gif

呑み込みに近い陽線が出た為、脱出。

20MAより上で推移。1000株銘柄。



と、ここまでで検証は終わり。

LJPC の様な大きなロスは、以前はもっと多かった気もします。

それだけ今は、地合いが良いという事なのかもしれませんが

今後、対処方法を身に付けなければならない事の一つですね。


そして、ホールド判断時の思考パターンについて。

これはかなり癖になっている手ごたえ?がありました。

昨日の日記に、注意点として書いていながら

同じような考えでホールドしてましたから。


判断に迷ったときは、1回切るつもりで手仕舞いしながら

少しずつ判断基準(別のタイムフレームのチャート確認等)

増やしていきたいと思います。


後は、少し前に日記の最後で書いた

基本フォーメーションの1回目をキッチリとる訓練。

トータル損益との兼ね合いもありますが

まずはここをしっかり見極められる様にしたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する