今日の晩御飯は肉じゃが!

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。

いや~寒くなってきました。

毎日暖かい、汁物が基本の食生活となってきていますが

今日は、家庭料理の定番「肉じゃが」を作りました。


170117_01.jpg
白滝を買い忘れていた・・・


男の胃袋をつかむには、肉じゃがを極めるべし!

と、どこかで聞いたような、聞かないような?


うちの場合、女の胃袋をつかんでしまった感じですね。

肉じゃがを作る回数は、嫁より自分の方が、圧倒的に多いです(笑)


それだけ美味い!というものが作れるわけでもないですが

いくつか、自身の中でのこだわりの作り方があるので、ご紹介します。


1.なべ底に1列になる程度の具材を並べる。


これは、煮え方が均一になる様にするためのコツです。

大量に作るしかない時は、ある程度こまめに混ぜたいところですが

混ぜるたびに、基本ジャガイモは崩れていきます。

見栄えを良くする、コツでもありますね!


170117_02.jpg
みりんや、料理酒で、具材の半分も浸っていたら、水は入れなくてもOK。


2.具材を並べた後、肉を上に乗せる。


少しでも肉汁を具材に吸わせようという魂胆です。

昔、何かの料理番組で見たコツなのですが

大して手間でもないので、いつもこうしてます。


3.水は殆ど入れない!


みりんと料理酒や、醤油、具材から出る水分で

なべ底1列ぐらいなら、余裕でひたひたになります。

水を入れると、うまみが薄まるので、入れすぎに注意!


170117_03.jpg
肉が色づいたところで、灰汁を取りながら混ぜ合わせる。
この頃には、十分な水分が出ているはず。



4.ぐつぐつ煮ない!


コトコト煮込むのでも、火加減が強いぐらいです。

材料が動かないぐらいの火加減で、煮ていきます。


ジャガイモはぐつぐつ煮ると、すぐ煮崩れするので

味を染み込ませる為にも、ゆっくり煮込んでいきます。


すると、煮すぎたザラザラ感もなく、しっとりねっとり

良い食感に仕上がると思います!



っと、まあこんな感じでしょうか。

材料等は、普通の肉じゃがと同じ感じです。

味付けも、最初のみりんと料理酒で、具材の3分の1ぐらいが浸ったら

あとは、砂糖と醤油をお好みで加える感じですね。

関西風のすき焼きを作るのに、似てるかも知れない。


出来上がり!


170117_04.jpg


味の方は上々!

後から白滝を買ってきて、入れたので

白滝への味の染み具合がいまいちでしたが

想像どおりの出来栄えでした(^-^*)
スポンサーサイト

Comment

  • 2017/01/17 (Tue) 23:13
    飛鳥川雄輝 #SqY7eHwg - URL
    肉じゃがのお話。

    こんばんは、あすかわです。寒い昨今、お元気でしょうか? こっちは………まあなんとか。

    さてさて。
    パッと見、かんきちシェフの肉じゃがは牛肉使用のようですが、合ってますか? 僕も「牛肉派」ですが、地方次第で「豚肉バージョン」もあったりするそうなので、気になりました。
    ちなみに「天空のレストラン」では「牛肉バージョン」みたいですね。お値段、500G。松阪牛を使うと600Gになるようですが………さすがにそんなゼータクな使い方はできませんよねー?ww


    またおいしそうな料理ネタがあったら、ぜひアップしてください。よろしくです。
    以上、「某レシピサイトで『鍋料理』部門に『我流の1人鍋レシピ』をアップしたら、エントリー特典の抽選商品(Amazonの500円分商品券)が当たっちゃった」あすかわでした。ではまた♪

  • 2017/01/19 (Thu) 00:22
    かんきちくん #- - URL
    Re: 肉じゃがのお話。

    あすかわさん、こんばんは。

    お肉はスーパーで買った、オージービーフですよ!

    グラム+200円も出せば、但馬牛が買える肉屋が近くにあって・・・

    いつかは「600G」の肉じゃがを作りたいと、考えています(*´-`*)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する