米国ナスダックマーケット11(水)

※1/12 20:07 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

170111_u_DT.png


11日のボトムスキャン TOP5
170111_u_BS.png


11日のナスダック総合指数
170111_u_COMP_20170112005951206.png


本日の指数は、ギャップダウンで開始。

34分時点では、アップトレンドの流れ。



さて、それでは検証を始めます。

本日は、34分30秒時点で、以下の銘柄を選択。


ロングサイド:WBA COST

ショートサイド:STX MYL



オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。


170111_u_QM33.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


選択したチャートを、確認してみます。

※ 青の太いラインは、最終的なストップの位置です。


ロングサイド


WBA +320ドル
WBA_3m_170111.gif

逆色足が2つ出た為、手仕舞い。

ストップは割っていませんでしたが

我慢できず手仕舞いしてしまいました・・・


下は34分時点の30秒足。

WBA_30s_170111.gif

ちなみに、序盤のストップはここに付けていた感じ。

今週に入ってからの大きな改造の一つは

ストップをつけてから、エントリーをしている事があります。


このチャートだと、陰線が出た後の陽線を見て、ストップを引き

最終的に、ストップを割らない位置ならエントリーと考えて

執行を待ち構えていました。


COST -15ドル
COST_1m_170111.gif

脱出判断の足が、完成直前まで陰線だったので

ストップを割っていたこともあり、次の頭で脱出の準備をしていました。

脱出した後この形になって、しまった!と思いましたが

結果オーライだったようです。


ショートサイド


STX -130ドル
STX_1m_170111.gif

ストップを割ってきた為、脱出。


MYL +100ドル
MYL_3m_170111.gif

これは4本連続陰線で、最後が長い後手仕舞いでしたね~

丁度アベレージ直下だったし、脱出するか迷いましたが

含み益がかなりでていたので、粘ってみました。


残っている銘柄自体、後2つで確定利益は無かったし

だった取れるところで、取っておくべきでしたね・・・


オフィシャルでのアドバイス

34分のナスダック総合指数はアップトレンド

だが候補銘柄は少なくロングサイド1銘柄。

ショートサイド2銘柄というエントリー出来る最低銘柄数。 

なので手堅く利益確定が基本方針。



こういう考えは、いままで全くなかったので

今後、意識してみようと思います。



と、ここまでで検証は終わり。

ストップを付けてからの、エントリーは

今のところ、なかなかうまく行っています。


手仕舞いがちぐはぐな部分の

改善につながりそうなアドバイスもあったので

今後の手仕舞いも期待したいですね!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する