30秒足を使う際のチェック方法(考え中)

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。


30秒足の脱出を、本格的に使いだして、約3ヶ月。


今月に入って、久々に「チェックリスト」を使い始めたのですが

3分足のチェックのタイミングは、わかるとして

30秒足のチェックはどうしたらいいのか?

自身の中で、難題となってきています。


疑問


12/29の検証記事でも書いた通り、3分足でのチェック

(QMALLの時のチェック方法)

とは、タイミングも全然違うし、チェックするチャートも

30秒足だけでは済まされません。


この3カ月は、頭の中だけで判断して、脱出していたのですが

ちょっと本気で癖をつけた方が良いと感じたので

年末のこの機会に、じっくり考えることにしました。


まずは、QMALLのチェック方法はどうだったか?

改めて、見直してみます。



■ QMALLのチェック方法


チェックするチャートは、個別の3分足チャートのみ。

2分30秒の時点で、各チャートの足の色や本数を見て

〇×△をつける。

00秒で、リストに基づき手仕舞い。


2分30秒までは、基本何もしないんですね。

非常にのんびりしたものです。

序盤こそ、10銘柄持っているので大変ですが

最終的に残るのは、3~4銘柄ですからね~


今考えると、この2分30秒までの時間も

なにかしらのチェックに使うべきだったのでは?

と思いましたが、その頃はそこまで考えつかず。


では、QM33でのチェック方法はどうするのか?



チェック



■ QM33のチェック方法


現在は、以前と同じ方法で3分足のチェックしかつけていません。

3分以上持ってない銘柄は、チェックをつけていないんですね。


しかし、実際には30秒足の判定が出てきており

このチェック方法が定まっていない。

頭の中での、判断だけで脱出している状態。

結果、序盤の早い脱出につながっている。



これは、何とかした方がよいのでは('-';)?

と、考えたわけです。



問題点1.チェックのタイミング(時間)

3分足換算で、2分30秒で行っていたチェック。

30秒足換算だと、どこでチェックするのか?



問題点2.チェックするチャート

30秒足だけでいいのか?

併用するとして、他のチャートは何を使うか?



問題点3.チェックするポイント

30秒足の形だけ、〇×△を?

他のチャート、236やMA、その他どこまで見るのか?

どういったチェックをつけるのか?



ざっと考えただけでも、これだけ出てきています。

ただでさえ忙しい序盤に、チェックできるの?

という不安もありますね~

(エントリー位置の把握をどうするか?も問題)


だからこその、ワンクリックシミュレーションなのかもしれませんが

複数のタイムフレームを見てのシミュレーションは

できる回数が限られてしまいます。

(基本、前日の検証を、複数のタイムフレームで行っている)


さて、どうするかなぁ。。。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する