ローグ・ワン

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。


昨晩27日は、嫁とレイトショーを見に行っていました。

見てきた映画は、コチラ!


161228_01.jpg


ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリーです。


タイトルから見てもわかる通り、スターウォーズの

サイドストーリー(外伝)といった扱いの作品ですね。


今日は、その鑑賞の感想を書いてみたいと思います。

ネタばれ部分は、注意書きをしてから書くので、安心してご覧ください♪



鑑賞した映画:ローグ・ワン

ジャンル:SF(宇宙戦争・アクション・銃撃)

あらすじは、コチラ(リンク先:映画.com)


かんきちの評価(MAX★4)

映像:★★★★
ストーリー:★★★★
音楽:★★★★


自身はコアなスターウォーズファンではないですが

このシリーズは好きで、今まで公開された作品はアニメ版も含め

大体は見ていると思います。


今作は、スターウォーズシリーズの中で、エピソード4の少し前の話。

という程度の、ストーリーの認識で鑑賞に臨みました。


昨年末に見たスターウォーズ7は、個人的には期待外れの出来だったので

正直あまり期待しておらず、スターウォーズの新作だから

一応見ておこうといった感じで、鑑賞していましたが・・・


161228_02.jpg


しかしこれが、予想外の出来栄え!

久々にスターウォーズを見た!といった感動がありました。

初めてスターウォーズを見る人にも、オススメの出来です。


スターウォーズはシリーズものなので、基本は他の作品を見ていないと

100%まで楽しめない事が多いのですが

今作はこれまでのストーリーで語られなかった

名も無き戦士たちの物語。


161228_03.jpg


構図としては、単純に悪の軍団対、正義の軍団の戦いを描いているので

分かりやすい宇宙戦争ものとして

スターウォーズシリーズの導入部としてぴったりだと思います。


主要なキャラは、この後のストーリーから、出ますからね~


もちろん、今までのファンにも納得のストーリーの設定や

キャラクターたちが登場します。

特にエピソード4の、個性ある登場人物達が出るのは見逃せません!


161228_04_20161228181304beb.jpg


宇宙空間での艦隊戦や、空戦は見ごたえ抜群!

また地上では、歩兵や重兵器も入り乱れての大乱戦!

そして出ました、超兵器!


ストーリー自体は、少し悲しい要素が・・・

しかし最後は、しっかり希望を繋ぎます!


そして、新たなる希望へ。


161228_05.jpg


という事で、かんきち評価は、かなりの高評価!

かなり満足度の高い作品でした。


年末ののんびりした時間を、是非この作品で

日常を忘れて楽しんでもらいたいですね!



さて、今日はネタバレはなし!

代わりに、予告編をどうぞ!



ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルサイト
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/12/29 (Thu) 01:48
    tokyojoe #rbj6yZGk - URL
    No title

    ローグ・ワン観たんですね。
    昔からのファンなので、公開日の16日に早速見に行きましたよ。

    個人的な意見としては、登場人物が多すぎたのかなと。
    人物が多すぎると、2時間程度の限られた時間ではひとりひとりの描写がどうしても薄くなってしまいがちなので。

    ただ、アクションに関しては今まで通りのできばえでしたね!

  • 2016/12/29 (Thu) 10:46
    かんきちくん #- - URL
    Re: No title

    コメントありがとうございます!

    tokyojoe さんも観たんですね~

    確かに、主役クラスの登場人物でさえ、バックボーンの説明は

    殆ど無かったですね・・・


    キャラはなかなか立っていたので、それほど気にはならなかったですが

    冒険譚?の様なた要素も、今作では全く無かったのは

    旧作品と比べると、少し残念かも。


    個人的には、4で見かけた登場人物が出す雰囲気が

    とても良かったと思いました。

    新作なのに、古き良きを感じさせるというか・・・


    超兵器に関しても、7のはどうも2番煎じな感じに見えたんですが
    (目新しさがない)

    やっぱ、あの●が出てこそSW!という、迫力の演出も

    自身の中では高評価です!


    音楽は、従来のものが基本になっていましたけど

    映像や演出のタイミング、雰囲気ともかなりマッチして

    これぞSW!と言える楽曲の輝きが出ていると感じました。


    7はまだ1回しか見てないので、うろ覚えなんですよねぇ。

    また見直してみるかな。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する