先週の結果と、今週の課題

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。


今日は米国株QM33、先週分の週間検証です。


161226_01.jpg
今年のハーバーランドの、メインツリー


まずは今週の結果から。

日別一覧
161226_02.png


トータルの結果
161226_03.png



先週の課題は

・伸ばすときは、MA基準。

・手堅い利益確定や、±0で終えるといった考えはいったん外す。


という事でした。

結果としては「早い」脱出が、いくつかありますね。


12/19 AAPL -80ドル
12/22 NVDA -130ドル
12/23 KLAC ±0ドル


この3件が、早い手仕舞いとなっていました。

(オフィシャルより早い手仕舞い)


内容を確認してみると・・・


12/19 AAPL -80ドル
AAPL_30s_161219.gif

Wトップの様な形。ローバンドを割ってきた為、脱出。

下は1分足。

AAPL_1m_161219.gif

主に、236の位置を確認するのに使っていました。

236を超えてない事も、脱出判断の一つでしたが

MAの並び順は悪くない感じ。


そして、反対サイドギャップだった事を見逃してましたね・・・

プルバックを、我慢する価値のあるチャートだったと思います。


12/22 NVDA -130ドル
NVDA_30s_161222.gif

ローバンドを割った為、脱出。

高めのエントリー、というよりエントリーが遅かった事もあり

呑み込み陰線で、早めに脱出しました。


12/23 KLAC ±0ドル
KLAC_30s_161223.gif

執行ミスです。

ロングサイドのROST のつもりで、手仕舞いしていました。



という事で、手堅い手仕舞いで、伸ばしそこなったものはなく

序盤のプルバックを我慢できず、カットロスしたものと

執行ミスによるものでした。

ひとまず課題自体は、こなせたと考えていいでしょう。


プルバックを我慢できなかった原因も、検証出来ていますね。

今後も同じ理由の脱出で、外しているようなら

改めて、基準の改善が必要だと思われます。

(30秒足がトレンドを割った際の、脱出基準)


今週の課題。

・伸ばすときは、MA基準。

・手堅い利益確定や、±0で終えるといった考えはいったん外す。


【QM33 現在の取り組み】

・エントリーの執行は、34分30秒から。

・最低3銘柄以上入る。

・選択銘柄は、オフィシャルと比べ、選択率、正解率、80%以上を目標。

・30秒足のチェックは、最初だけ。

・伸ばすときは、MA基準。

・手堅い利益確定や、±0で終えるといった考えはいったん外す。




今晩は、クリスマス・ Christmasの為、米国市場は休場日です!

今週も皆様、よろしくお願いいたします('-')ノ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する