今週の結果と、来週の課題

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。


トレーダーの皆さま、1週間お疲れさまでした。

今日は週末の定例検証です。

米国株QM33の今週の結果と、来週の課題を考えたいと思います。


161210_01.jpg


まずは今週の結果から。

日別一覧
161210_02.png


トータルの結果
161210_03.png


今週から、手仕舞いの検証にて

改めて「損切」のカウントを始めています。

直近5週の成績の推移を見てみると・・・


直近5週の成績
161210_04.png


結果、「遅率」は激減!

まあ、先週まで損切分を含んでいたので、当たり前なのですが

問題は、早率との差ですね。


まだ1週目の結果ですが、脱出が早い事による成績の差が

実は大きかったのか?という結果に。


まだ先月の結果をアップしてないのですが

11月は早すぎる手仕舞いの差が大きいんですよねぇ・・・


今後しばらくは、手堅く取ることを忘れて

トレンドを割るまでホールドする癖をつけようかと考えています。


一応その試みの一つが、金曜のAAPL。


AAPL_3m_161209.gif


20MAをトレンドとして、キッチリ伸ばしました。

トレンド基準をバンドにするか、20MAにするか?

良く見極めて、ホールドの癖を身に着けたいと思います。


そして、気になる損切、早い脱出、遅い脱出の成績の差は・・・


161210_05.png


こんな感じ。


損切をキッチリこなし、伸ばせる銘柄をキッチリ伸ばす!


QMALLの時は心がけていた事なんですが、伸ばしても全然勝てなくて

手堅く取る事も必要という方向性に変わっていたんですよねぇ。


実際QMALLは、QM33に比べ序盤のロスが大きいので

手堅く取っていかないと、また、伸ばした銘柄も手堅い位置で脱出していないと

ロスを取り戻す事が困難でした。


まずは±0で終える!

なんて考えも、この頃から出てきた事ですね~


しかし、QM33はそのロス自体が少ないので

改めてロスを少なく、伸ばせるものは伸ばす!

で、結果を見てみようと考えた次第です。


単純に考えると、トータル損益を考えなくても

QMALLよりは、いい成績になるはずなんだよなぁ。


来週の課題としては

・伸ばすときは、MA基準。

・手堅い利益確定や、±0で終えるといった考えはいったん外す。


こんな感じでしょうか?

この結果から、また問題を絞り出していこうと思います!


【QM33 現在の取り組み】

・エントリーの執行は、34分30秒から。

・最低3銘柄以上入る。

・選択銘柄は、オフィシャルと比べ、選択率、正解率、80%以上を目標。

・指数を意識した、エントリー、脱出を心がける。

・脱出が遅い割合を、10%以下にする。

・30秒足のチェックは、最初だけ。

・伸ばすときは、MA基準。

・手堅い利益確定や、±0で終えるといった考えはいったん外す。



以上!

今週もお疲れさまでした。皆様、良い週末を!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する