米国ナスダックマーケット30(水)

※12/1 13:21 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

161130_u_DT.png


30日のボトムスキャン TOP5
161130_u_BS.png


30日のQQQ
161130_u_QQQ.png


本日の指数は、ギャップアップで開始。

34分時点では、ダウントレンドの流れ。



さて、それでは検証を始めます。

本日は、34分30秒時点で、以下の銘柄を選択。


ロングサイド:FANG CSX ADSK STLD

ショートサイド:CERN AAL



オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。


161130_u_QM33_2016120210421247b.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


選択したチャートを、確認してみます。


ロングサイド


FANG +475ドル
FANG_3m_161130.gif

ローバンドを割ったと判断し、手仕舞い。

下は30秒足。

FANG_30s_161130.gif

30秒足チャートに3分足のMAを表示させていますが

バンドをすべて割った状態。

3分足のバンドでのみ、脱出判断をすべきだったかも?


CSX -200ドル
CSX_3m_161130.gif

ローバンドを割った為、脱出。


ADSK -240ドル
ADSK_30s_161130.gif

ローバンドを割った為、脱出。


STLD -300ドル
STLD_3m_161130.gif

ローバンドを割った為、脱出。

高値つかみだし、もう少し早くカットロスすべきでした。


ショートサイド


CERN +280ドル
CERN_3m_161130.gif

ハイバンドを超えた為、手仕舞い。


AAL -130ドル
AAL_30s_161130.gif

ハイバンドを超えた為、手仕舞い。



と、ここまでで検証は終わり。

トレードステーションでは、30秒足に表示させた、3分足のMAと

実際の3分足のMAには、若干誤差があるようです。

信頼度としては、3分足のMAの方が高いので

今後は、3分足のMAを重視して、チェックを行うつもりです。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する