ラパちゃん ユーザー車検に挑戦!

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。

かなり引っ張っていますが、車検日記の続きです。


161125_02.jpg

前回の日記はコチラ


今回の車検では、最低車高基準に引っかかったおかげで

かなりのお金、そして時間のロスを食らってしまいました。


せっかくなので、これ以上車検に時間を使うなら・・・ と

今回は、少しでも安い「ユーザー車検」に、チャレンジです!


161125_01.jpg


というわけでやってきました、軽自動車検査協会 兵庫事務所です。

兵庫県には2か所の事務所があるみたいですね。


今回の検査は、事前に軽自動車検査協会のホームページにて

予約を行ってから訪問しました。

空いている場合は、直接訪問でも受け付け出来そうです。



さて、まずは受付にて、必要な申請書類を購入して、記入。

そして重量税と、検査手数料の印紙を購入して、貼り付け。

自賠責保険の延長手続きをして、必要書類の提出となります。

事前に準備が必要な書類もあるので、注意しましょう。


詳しくはコチラ(リンク先:ユーザー車検は簡単です!)



そして、検査コースに入りますが、その前に大事な事を。

タイヤのホイールに、ホイールキャップ(ホイールカバー)がついている場合

必ず外してから、検査に臨みましょう。


161125_07.jpg
写真の様に、ボルトが見えていればOK!


タイヤの固定部分をチェックする行う様で

止めているナットがむき出しになっていないと、検査ができず

後ろが支えてしまいます。


161125_03.jpg
検査コース。順番待ちの様子。


検査コース内の様子はというと・・・


161125_04.jpg


いろいろな検査機器がおいてあり、その上へ車を乗せてチェックしていきます。

機械に乗せるのも、チェックするための操作も

運転者自身が行わなくてはなりません。


簡単なのは、左右のウインカー出しや、ヘッドライトの点灯。

難しいのは、速度40キロ固定で、パッシング等でしょうか?

検査員から指示があるので、その通りに操作すれば

基本的には問題ありません。


161125_05.jpg
この上に車を乗せて、40キロでパッシング!


ただ、検査員の方の指示は、基本ユーザー車検に慣れている方

業者の方等に向けてなので、簡単な単語で次々と指示をしてきます。

(指示すら無い場合もある。電光掲示板を見ながら操作等)


初めての方や、ユーザー車検に慣れていない方は

「必ず」事前に作業員に申し出ましょう!


受付で話しておくと、検査員が分かりやすいように

専用の初心者マークを貸してもらえたり

慣れていない方が並ぶコースもあるので、安心です。


さて、結果の方はというと・・・


161125_06.jpg
早速、黄色ナンバーに戻しました(^-^)


なんと、1発合格!

光軸検査が不安でしたが、通りましたねー

車検屋(ガススタ)で、調整が必要と言われたのは、なんだったのか?


まあ、通らなくても簡単な整備なら、近くにテスター屋というのがあるので

光軸ぐらいなら、そこで整備をしてもらう事ができます。



というわけで、今回のユーザー車検にかかった費用です。


申請書類一式 30 円

検査手数料 1,400 円

重量税(軽自動車) 6,600 円

自賠責保険(2016年度) 26,370 円


合計: 34,400 円


単純な車検だけだと、この料金という事になります。

ここに、24ヶ月点検や、部品交換という費用が追加されて

車検代行業者の、見積もり費用となってくるのでしょう。


となると、ガススタの車検見積もりは、かなり安かったですね~

どういったところで、稼ぎが出ているのか?

いろいろ想像してしまいますが、今回はこの辺で!



追記

かかった時間ですが、家からの移動時間コミで、3時間程でした。

検査自体の時間は20分ほど。

プラス待ち時間もありますが、この時間で車検が通るなら

次回もユーザー車検で、行ってみたいですね!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する