米国ナスダックマーケット21(月)

※11/22 11:33 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

161121_u_DT.png


21日のボトムスキャン TOP5
161121_u_BS.png


21日のナスダック総合指数
161121_u_COMP.png


本日の指数は、ギャップアップで開始。

34分時点では、アップトレンドの流れ。


せっかくCQGを使っているので、34分時点の

30秒足チャートの、選択判断を掲載したいと思います。


ロングサイド


FANG 
FANG_34m_161121.png

最後の足は、ハイバンドより上で、陰線。

トレンドに沿っている為、選択。


CSX 
CSX_34m_161121.png

最後の足は、ハイバンドより上で、上髭陽線。

トレンドに沿っている為、選択。


MCHP 
MCHP_34m_161121.png

最後の足は、ハイバンドより上で、陽線。

潜っている為、選択せず。


STLD 
STLD_34m_161121.png

最後の足は、バンド内で、陰線。

トレンドの範囲内ではあると判断し、選択。


ILMN 
ILMN_34m_161121.png

最後の足は、バンド内で、上髭陰線。

潜っている為、選択せず。


ショートサイド


EA 
EA_34m_161121.png

最後の足は、ハイバンドより上で、陽線。

逆に動いている為、選択せず。


QCOM 
QCOM_34m_161121.png

最後の足は、バンド内で、下ひげで本体の無い足。

トレンドの範囲内ではあると判断し、選択。


BMRN 
BMRN_34m_161121.png

最後の足は、ハイバンドより上で、陽線。

逆に動いている為、選択せず。


IBB 
IBB_34m_161121.png

最後の足は、ハイバンドより上で、陰線。

潜っている為、選択せず。


CLVS 
CLVS_34m_161121.png

最後の足は、ハイバンドより上で、本体の無い足。

チャートが汚い為、選択せず。


ロングサイド:FANG CSX STLD

ショートサイド:QCOM




さて、オフィシャルの選択はどうなったでしょうか?

オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。


161121_u_QM33.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


オフィシャルの選択は

ロングサイド:CSX MCHP STLD ILMN

ショートサイド:QCOM 



自身のエントリーした銘柄の手仕舞いを、確認してみます。


ロングサイド


FANG -250ドル
FANG_3m_161121.gif

ローバンド割れ、-150ドルもオーバーの為、脱出。

3分足だと、ここで脱出するしかない感じ。

値幅も大きかったので、30秒足をよく見て脱出した方がよかったです。


CSX -80ドル
CSX_30s_161121.gif

ローバンドを割ってきた為、脱出。

下は3分足。

CSX_3m_161121.gif

つかんだ位置がひげだったので、早めに脱出しました。

236まで我慢しても-150ドル以内。

これはもう少し粘るべきだったか・・・


STLD -50ドル
STLD_30s_161121.gif

ローバンドを割ってきた為、脱出。

下は3分足。

STLD_3m_161121.gif

236を超えられず。

これは問題ないでしょう。


ショートサイド


QCOM -200ドル
QCOM_30s_161121.gif

ハイバンドを超えてきた為、脱出。

下は3分足。

QCOM_3m_161121.gif

これも236を超えられず。



と、ここまでで検証は終わり。

今日は、銘柄選択が明暗を分けましたね~

3分足の位置、サポートも見て選択するべきだという事を

改めて思い知らされました。


今は30秒足だけ見て選択。バンドを割ってきたら3分足を見て

脱出するか?判断している感じなんですよね~


少しチャートの確認手順を、練り直す必要がありそうです。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する