今週の結果と、来週の課題

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。


トレーダーの皆さま、1週間お疲れさまでした。

今日は土曜日ですので、週末のお楽しみ♪

米国株、QM33の今週の結果と、来週の課題を考えます。


161119_01.png


まずは今週の結果から。

日別一覧
161119_02.png


トータルの結果
161119_03.png


週間目標の一つである、選択率、正解率

80%以上を、達成することができました!

成績もこれに比例して、未選択のロスは減ってますね。


となると、次は手仕舞いの問題か。

確認してみると・・・


161119_05.png


早い脱出の差と、遅い脱出の差は同じぐらい!

どちらから手を付けるか。。。

目安としては、問題が起こった手仕舞いの割合でしょうか。


今週のトレードのうち、脱出が早かった割合が19%

遅かった割合が46%ですから、回数は遅い手仕舞いの方が多い事になります。


やはり自身の手仕舞いの改善としては、遅い手仕舞いの克服。

手堅い脱出や、カットロスに焦点を絞った方がよさそうです。


続いて、直近5週の成績の推移を見てみます。

直近5週の成績
161119_04.png


選択率、正解率、共に上昇。

週初めは、いろいろな理由をつけて、エントリーしていない事がありましたが

その後は、選択率100%続き。


間違った選択もいくつかありましたが、誤選択のロスは-30ドル。

キッチリカットロスできれば、やはり問題なさそうです。

30秒足の手仕舞いの、効果が出てきた気がしますね!


さて、来週の課題です。

・果敢にエントリー!指数の動きなどは、とりあえず無視!

・利益確定を手堅く行う。


まず、これでどの程度、遅い脱出が減るか?

また、手堅い脱出に集中しているにもかかわらず

脱出が遅かったときは、その手仕舞いの原因について調査してみようと思います。


【QM33 現在の取り組み】

・エントリーの執行は、34分30秒から。

・最低3銘柄以上入る。

・選択銘柄は、オフィシャルと比べ、選択率、正解率、80%以上を目標。

・指数を意識した、エントリー、脱出を心がける。

・脱出が遅い割合を、10%以下にする。

・30秒足のチェックは、最初だけ。

・常に±0以上で終えられる、トレードの組み立てをする。

・日々の検証で、3分足の状態も意識した検証を記録する。



以上!

今週もお疲れさまでした。皆様、良い週末を!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する