10月のデモトレード検証

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

今日は月初の休日ですので、先月10月のデモトレード

QM33の結果を検証したいと思います。

まずは10月の全成績と、オフィシャルの成績との差の一覧から。


161106_01.png


月間成績は、マイナス終了。成績が安定しませんね~


マイナス終了となった日の状況を調べてみると

オフィシャルと比べ、選択できなかった銘柄で

大きな利益の差が出ていました。


月間成績の「未選択」のマイナスが

「手仕舞」のマイナスを上回っている事からも

未選択の銘柄の影響が大きかったことが伺えます。


念の為、過去の利益の差の内訳も確認してみました。


選択率、正解率の推移
161106_02.png


過去5ヶ月の結果ですが、未選択が上回ったのは初めてです。


10月だけが、特殊な地合いだったのか?

選択が下手になっているのか?

手仕舞い(損切)が上達している結果なのか?


10月の結果だけでは、絞り込めなかったのですが

引き続き、注意深く検証していく必要がありそうです。


そして、今まで1番利益の差を出していた

「手仕舞」の差の原因を確認してみました。


161106_03.png


日別で、脱出の早い、遅いをチェックした結果の内訳です。

手仕舞いが「遅い」事が、利益の差の大半ですね。


9月はカットロスの遅さはカウントしてなかったのですが

積み重なると、大きな差となる事がよくわかります。


また、損切の遅さだけでなく、手堅く取るための手仕舞いも

出来てない日があったので、ここも引き続き意識しないとダメですね。


10/13(木)ALNY
ALNY_3m_161013.gif
長い陽線の次、脱出できなかったにせよ、その後上には抵抗ができているのに・・・粘りすぎ!


さて、今月から一時的にCQGを利用することにしました。

先週は目に見える成果はでませんでしたが、今年最後の稼ぎ時!


今現在の成績の結果は、ツールの問題なのか?腕の問題なのか?

来年に向けて、しっかりと見極めたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する