米国ナスダックマーケット31(月)

※11/1 18:37 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

161031_u_DT.png


本日の指数は、ギャップアップで開始。

序盤はダウントレンドの流れ。


今日から短い間ですが、CQGを利用します。

TSと比べて、CQGでの選択にどの程度差があるか?

把握するためです。


3分足の状態も見て、エントリーが必要だという事が

先週初めて分かった事もあり、まだまだ勉強不足を痛感しています。


CQGを使えば必ず、成績が良くなる訳でもないと考えていますが

しばらくの間、こちらで頑張りたいと思います。


今日は、久々のCQGという事もあってミス多発。

フォローはうまく行って、ロスは少なくて済み

なんとか勝利で、終えられました。


31日のナスダック総合指数
161031_u_COMP.png


31日のボトムスキャン TOP5
161031_u_BS.png



さて、それでは検証を始めます。

本日は、34分30秒時点で、以下の銘柄を選択。


ロングサイド:CSCO SBUX
ショートサイド:BIIB TSLA FB


オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。

161031_u_QM33.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


ロングサイドのSBUX は執行ミス。

本来はショートサイドで、エントリーする銘柄です。


選択したチャートを、確認してみます。


ロングサイド


CSCO -10ドル
CSCO_30s_161031.gif

ローバンドを割ってきた為、脱出。

下は3分足。

CSCO_3m_161031.gif

アベレージ到達後、30秒足がローバンドを割った感じ。

ロスを我慢して、伸ばせる位置ではないですね。


SBUX -20ドル
SBUX_3m_161031.gif

本来は、ショートでエントリーする予定だった銘柄。

ロングサイドのESRX に入るつもりで、執行していました。

執行後の確認で、ESRX が無い事で少しパニックになりましたが

間違えて執行していた事が分かった為、すぐに手仕舞いしました。


ショートサイド


BIIB +234ドル
BIIB_3m_161031.gif

30秒足が20MAを超えてきていたので

逆色足1本で、手堅く脱出しました。


TSLA +480ドル
TSLA_3m_161031.gif

ストップは1本前の陰線の頭付近。

ここを超えるまでは粘っても良かったのですが

この時点でトータル、ちょうど500ドル程。


現在1日の利益目標を、500ドルに設定している事もあり

2本続きの陰線で、かなりの長さで下げた為

今日はここで終了としました。


FB -138ドル
FB_30s_161031.gif

20MAを超えてきた為、脱出。

下は3分足。

FB_3m_161031.gif

3分足でも、20MAを抜けてきた位置での脱出です。



と、ここまでで検証は終わり。

久しぶりのCQGでしたが、TSと比べるとチャートの表示速度が速い!

TSの表示が遅いのは、自身のPCのせい?回線のせい?

と悩んでいたのですが、これはツールの問題ですね。


チャートのリンク機能を使わないのであれば

TSはギリギリ許せる、表示スピードといったところ。

CQGはリンク機能も、リアルタイムで使えそうな感じがしました。


さて最初の選択について、先週の検証で

今まで3分足の確認をしていなかった。という事がわかりましたので

今週から、リアルタイムで3分足の状態を見てから、選択候補を絞っています。


昨夜の序盤の判断は、以下の様な感じ。

ボトムスキャンTOP5 10銘柄の、序盤の3分足の状態を掲載します。


ロングサイド


CSCO_34m_161031.png

236を超えていますが、20MA、ギャップは上の位置。

34分時点で、30秒足のトレンドが良ければ、選択できそうです。


ESRX_34m_161031.png

236を超えており、ギャップ、20MAは下の位置。

おそらく理想形ですね。

34分時点で、30秒足がローバンドを割って陰線じゃなければ

潜っていても、選択できそうです。


WDC_34m_161031.png

20MAは超えていますが、236は超えていない状態。

30秒足のトレンドがしっかりしていたら、選択できそうです。


STX_34m_161031.png

20MAは超えていますが、236は超えていない状態。

30秒足のトレンドがしっかりしていたら、選択できそうです。


ATVI_34m_161031.png

20MAは超えていますが、236は超えていない状態。

30秒足のトレンドがしっかりしていたら、選択できそうです。


ショートサイド

BIIB_34m_161031.png

236を超えて、ギャップを埋めて、20MAは上の位置。

反対サイドギャップの、理想形でしょうね。

30秒足が、多少潜っていても選択できそうです。


SWKS_34m_161031.png

236を超えて、ギャップを埋めて、20MAは上の位置。

反対サイドギャップの、理想形でしょうね。

30秒足が、多少潜っていても選択できそうです。

今回は34分時点で、30秒足のトレンドが、完全に逆に動いていたようです。


TSLA_34m_161031.png

236、20MAは抜けてますが、まだギャップは埋めていない状態。

30秒足のトレンドがしっかりしていれば、選択できそうです。


FB_34m_161031.png

236、20MAは抜けてますが、まだギャップは埋めていない状態。

30秒足のトレンドがしっかりしていれば、選択できそうです。


SBUX_34m_161031.png

236を超えて、ギャップを埋めて、20MAは上の位置。

反対サイドギャップの、理想形でしょうね。

30秒足が、多少潜っていても選択できそうです。


以上が、昨夜の序盤の判断です。

3分足の1本目の判断で、このチャートなら30秒足がこうなら入れる。

と目星をつけて、エントリーを予定していました。


ミスから、オフィシャルとの選択差はでてしまいましたが

選択予定銘柄は、一致していましたので、この調子で検証を続けたいと思います。

(この検証は、TSでもできる検証ですね!)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する