PlayStation VR を初体験!

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです!

みなさん、VRというキーワードをご存じでしょうか?


161030_01.jpg


VRとは、Virtual Reality(バーチャルリアリティ)

仮想現実といった意味の略なのですが

2016年は、このVRゲーム元年とも言える年だそうです。


ゲームを多少たりとも趣味にしている事もあり

去年からたびたび目にして、気にはなっていたのですが


嫁のお兄さんが

ねんがんの「PlayStation VR」を手に入れた!

というので、今日は家でお披露目会となっていました。


という事で、今日はVR初体験のリポートをしたいと思います!


VRゲームとは?VR機器の大まかな紹介はコチラ。

・ゲーム界に転換期が来る!2016年に続々登場するVRゲームとは?
(リンク先:nanapi ナナピ)



今回体験した、PlayStation VRの製品情報はコチラ。

・PSVRとは?(リンク先:SONY playstation.com)


さて、この製品は頭にHMD(ヘッドマウントディスプレイ)

と言われる装置を装着して、遊ぶゲームです。


161030_02.jpg
これがうわさのVR本体!


若干の重さはあるものの、想像していたよりはるかに軽く

装着時は若干の締め付け感がありますが

ゲームを始めると、両方とも忘れてしまう程度のものなので

ここはそれ程問題なし。


ゲームを終えると疲労を感じましたので

それだけ仮想世界への没入感がすごいという事なのかもしれません。


HMDを装着した時点の視界は、水中眼鏡やゴーグルを

通して見た世界という雰囲気なのですが、特筆すべきは

上下左右を向いたときに、首の動きに連動して

その世界を360度、見渡せるのがすごかったです。


161030_03.jpg
ゲーム中の外からの様子。
HMDをつけていないプレイヤーも、外部のモニターをみて
ゲームに参加する事ができる。



この体の動きと、目の前の風景の連動で

HMDをつけている事を、忘れてしまいそうになるんですよね~

実際、ゲームをやっていると忘れてしまいます。


耳を完全にふさがなければ、多少外部の音が聞こえて

ゲームをやってる感はあるのですが、完全に外部の音を遮断すると

さらに没入感はすごいでしょうね~


これで、体感できる要素が加わってきたら

現実との区別がつかなくなるレベルだと思いました。

(解像度には、まだ改善の余地あり)


ホラーゲームを一人で楽しむとか、想像しただけで怖すぎです(汗)


今回遊んだゲームの詳細は省きますが

ディズニーランドの最新アトラクションが

自宅で楽しめる!といった感じでしたね~

今後出てくるゲームも増えるでしょうし、これは欲しくなったなぁ・・・


とはいえ、やはり値段はそこそこする機器なので

今後出てくるゲームに合わせて買うか

あるいは生産体制が整ってからの、値下げに合わせて買うか?

といった選択に、かんきちはなりそうです('-'*)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する