米国ナスダックマーケット21(金)

※10/22 18:51 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

161021_u_DT.png


本日の指数は、ギャップアップで開始。

序盤はダウントレンドの流れ。


ショートサイドに、形のいい銘柄が多かったですが

指数の反転に伴い、すべて反転。

カットロスは早めだったので、一つ一つはそれ程でもないですが

纏まると、結構いたいですね('-';)


21日のナスダック総合指数(QQQにて代替中)
161021_u_QQQ.png


21日のボトムスキャン TOP5
161021_u_BS.png



さて、それでは検証を始めます。

本日は、34分30秒時点で、以下の銘柄を選択。

ロングサイド:VIAB
ショートサイド:KLAC INTC MDLZ TXN

オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。


161021_u_QM33.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


選択したチャートを、確認してみます。


ロングサイド


VIAB -80ドル
VIAB_30s_161021.gif

指数に反して上昇していた事もあり

下げても陰線1本なら持ち越せると考えて、エントリー。

次の足は予想通り陰線、次はギャップダウンで下げ始めた為、ここでカットロス。


ショートサイド


KLAC -110ドル
KLAC_30s_161021.gif

20MAは下の位置。

ハイバンドを超えて来て、-150ドルにも近い為、ここでカットロス。


INTC -140ドル
INTC_30s_161021.gif

ハイバンド越えも、長い陽線だったので様子見。

次も陽線で20MA間近。ロスも-150ドルに近いという事で、カットロス。


MDLZ -90ドル
MDLZ_30s_161021.gif

Wボトムに近い形。20MAを超えてきた為、カットロス。


TXN -5ドル
TXN_30s_161021.gif

上値のトレンドラインを割ってきた為、カットロス。



と、ここまでで検証は終わり。

今日は、なかなか悪くないカットロスだったと思います。

後は、もしこの中で当たりが混ざっていたとしたら、どういったチャートを残していくべきなのか?

3分足での20MA、236の位置等も見ていく必要があると思います。

昨晩はこういったところまで、目が届いていませんでした。

来週からは、このあたりの判断も含めたトレードと、検証結果を残していこうと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する