ジェイソン・ボーン

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

先日、109シネマズHAT神戸に、映画を見に行ってきました。

見てきた映画は、もちろんコレ!


161016_01.jpg


10年ぶりの新作という事で、かなり楽しみにしていました。

今日は、その鑑賞の感想を書いてみたいと思います。

ネタばれ部分は、途中から注意書きをしてから書くので、安心して見て行ってくださいね!



鑑賞した映画:ジェイソン・ボーン

ジャンル:アクション(格闘・カーチェイス・銃撃)

あらすじは、コチラ(リンク先:映画.com)


かんきちの評価(MAX★4)

映像:★★★★
ストーリー:★★☆☆
音楽:★★★☆


まず、この映画のジャンルは、アクション映画という事になります。

格闘・カーチェイス・銃撃

このあたりが1番のウリといった感じですね。

映像や、音響効果について、そういった映画を見たい!という方には

ひとまず安心して見られる出来だったと思います。


ただし、この映画は続編もの。

過去のシリーズを見ていないと、ストーリーは楽しめない部分も含まれています。


過去シリーズとしては、3作品出ていますが、今見ても面白い作品なので

是非、鑑賞してから見に行く事をお勧めします!



さて、ここからはネタバレを含みます。

自身は、過去のシリーズを、それぞれ数回ずつは見ているので

それを踏まえての今回の感想ですが


1番良かった点は、やはりアクション(映像)関係でしょうか。


161016_02.jpg


カーチェイスや、格闘シーンなど、これまでのボーンシリーズの雰囲気があり

映画館では初めて見たのですが、これまでのシリーズも、映画館で見たかったな~

と思わせられる、レベルのアクションだったと思います。

撮影方法や、演出が上手いのかも?

下手なアクション映画よりは、面白いはず!


音楽はシリーズおなじみのテーマなどが流れ、今までのシリーズを見た人には

特に映画の雰囲気に、入り込みやすい音楽が使われていました。


1番問題なのが、ストーリー。

ここは正直、もっと練ってほしかったかも。


161016_03.jpg


新章始動!とありましたが

取ってつけたようなストーリーに感じてしまいました。


1番の原因は、主人公ボーンの戦う理由にあると思います。


161016_04.jpg


1作目は、記憶をなくした自身のルーツを探る為。

2作目は、殺された彼女の為。

3作目は、組織から離れる、自由を得る為。


といった感じだったと思いますが、今作はどうも、それがいまいち見えてこない。

よって、行き当たりばったりのアクションと、カーチェイスという感じに見えてしまいました。

それでも、強引に面白く見せる、テンポの良い映像や、アクションなのですけどね。


そして、これまでのシリーズで毎回いたポジションの

ボーンをサポートする女性がいない!

これも痛いですね~


161016_03.jpg


この写真をみると、今回はこの右側のヒロインが、ボーンを助けるのか~

っと、序盤もそのような雰囲気で進むのですが

最後に、ボーンを助けたのは、自身の立身出世の為だったと判明。


161016_05.jpg


それなら初めから「自分の為にボーンを利用しているのヨ!」

といった、悪役側の演出や演技を、もっとしてほしかったと思う。


そうしたら、最後のシーンも「すべてお見通しだゼ!」

という、爽快感が得られらと思うのですが

どうも、突然裏切られた感が半端なく、ボーンも少し寂しそう。

あまり、ハッピーなエンディングじゃないですね。


161016_06.jpg


と、まあ素人感想ですが

もしかしたら、新章!なので、今後明らかになる伏線などが

今作には張られていたのかもしれません。

次作に期待です!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する