今週の結果と、来週の課題

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。


トレーダーの皆さま、1週間お疲れさまでした。

今日は土曜日ですので、週末のお楽しみ♪

米国株、QM33の今週の結果と、来週の課題を考えます。


160820_01.jpg
写真は先週と同じ、須磨アルプス、馬の背の様子。左右は崖です!


まずは今週の結果から。

日別一覧
160820_02.png


トータルの結果
160820_03.png


34分に、オフィシャルで選択した銘柄に入れた割合は、57.9%(先週 62.5%)

正解率は、91.7%(先週 93.8%)



選択率については、TS独特のチャートの表示もあり、意識しない様にしています。

選べないものは、選べない!

逆に表示がちゃんとしているのに、正解じゃないものはまずいですよね。


という事で、正解率を見ると先週に引き続き、90%以上を達成。

まずまずの結果と言えるでしょう。


続いて成績の差は・・・


オフィシャルで選び、自身は未選択だった銘柄の利益で、-720ドル差。

オフィシャルは未選択なのに、選択してしまったもので、-120ドル差。

同じ選択をしたのに、脱出で差が出たものが、-1342ドル差。



となっています。


基本的に、いままでと変わらない成績です。

手仕舞いの差が最も大きく、次いで未選択の差。


そして、その手仕舞いの差の、詳細な内訳について。


160820_04.png


今週は、手仕舞いの遅さが1番に来ています。

概ね、軟調なマーケットだった事もあり、手堅く取れないと勝てない地合だったのでしょう。

結局、伸ばすのも、手堅くとるのも出来ないと、コンスタントに勝てないんですよねぇ。


大分データが溜まってきたので、傾向が見えてきましたが

これは、手堅く取るのも、伸ばすのも、どちらも出来てないのではないか?

どちらも、たまに出来ているところを見ると、脱出自体の基準が定まっていない様子。


脱出の基準が定まってないから、早すぎたり、遅すぎたりする。

と、考えられると思います。


週初めの日記
で書いた通り、基本は1本前の足の頭をストップとして、利益確定していましたからねぇ。

いまさらながら、3本順方向へ伸びたら、戻す可能性がある!
(こういう考えは、今までなかった・・・)

という基本から、叩きなおそうと考えています。


まずは伸ばせなくても、手堅く取るのを基本に脱出の基本を叩きこむ。

手仕舞いが「遅い」の差を減らす事を、来週からの目標としたいと思います。


【QM33 現在の取り組み】

・エントリーの執行は、34分30秒から。

・最低3銘柄以上入る。

・オフィシャルの選択80%以上。正解率100%を目標。

・指数を意識した、エントリー、脱出を心がける。

・手堅く取る事に集中して、手仕舞いが遅い事を改善する。



以上!

今週もお疲れさまでした。皆様、良い週末を!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する