今週の結果と、来週の課題

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。


トレーダーの皆さま、1週間お疲れさまでした。

今日は土曜日ですので、週末のお楽しみ。

米国株、QM33の今週の結果と、来週の課題を考えます。


160813_01.jpg
今週は六甲山縦走にチャレンジしてきました!(須磨アルプス、馬の背にて撮影)


まずは今週の結果から。

日別一覧
160813_02.png


トータルの結果
160813_03.png


34分に、オフィシャルで選択した銘柄に入れた割合は、62.5%

正解率は、93.8%



正解率は問題ないですが、うすうす気づいていました。

TSのチャート表示では、選択率はどうしても落ちてしまいます。


NXPI_160812_cqg.gif
NXPI_30s_160812.png
昨晩の30秒足チャートで比較。オフィシャルで選択されていたNXPI にて。


無理やり入ると、選択率は上がっても、正解率は下がりますからねぇ・・・


選択自体は、ほぼ問題なく出来ている事が、これまでの検証で分かりましたので

今後は手仕舞いの問題や、選択率の改善(とある検証に期待)

を重視して、取り組んでいきたいと思います。


続いて成績の差は・・・


オフィシャルで選び、自身は未選択だった銘柄の利益で、-1220ドル差。

オフィシャルは未選択なのに、選択してしまったもので、-320ドル差。

同じ選択をしたのに、脱出で差が出たものが、-2599ドル差。



となっています。


基本的に、いままでと変わらない成績です。

手仕舞いの差が最も大きく、次いで未選択の差。


160813_04.png
TSを使用し始めてからの、週間成績の推移。


今1番改善すべきは、この2点だという事が、よくわかると思います。

そして今週から始めました、その手仕舞いの差の検証結果について。


今週は、手仕舞いが早かった差(伸ばせなかった差)が1番大きかった様です。

損切と、脱出の遅さについては、30秒足を必要な際に注視する事で
改善できる兆しがあります。


なぜ伸ばせなかったのか?


【主な伸ばせない原因】
・指数の強さを見ていない。
・トータルで勝っているのに、我慢できない。
・トレンドライン、ハイローバンド、MAを信じていない。


よく出てくるのはこのあたりですね。

手堅く取る場合は、トレンドラインは見ても
ハイローバンドは使わないケースもかなりあるので

どういう時にバンドを使って伸ばすべきなのか?

日々の検証にて、特に突き詰めていく必要がありそうです。


という事で、来週の取り組みの予定です。


【QM33 現在の取り組み】

・エントリーの執行は、34分30秒から。

・最低3銘柄以上入る。

・オフィシャルの選択80%以上。正解率100%を目標。

・指数を意識した、エントリー、脱出を心がける。

・脱出が早かった銘柄に関して詳しく考察する。



以上!

皆様、良い週末を!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する