米国ナスダックマーケット11(木)

※8/12 10:36 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。


160811_u_DT.png

【執行ミス】
GOOG 9:34:58 1000株ショート → 9:35:00 反対決済。


今日の指数は、ギャップアップで開始。

序盤はアップトレンドの流れ。


今日は選択ミスで、大分ロスをだしてしまったかも。

指数の動きと反対の銘柄を選ぶ際は

綺麗なトレンドのものを、選ばなければいけません!


11日のナスダック総合指数(QQQにて代替中)
160811_u_QQQ.png


11日のボトムスキャン TOP5
160811_u_BS.png



さて、それでは検証を始めます。

まずは、ボトムスキャンTOP5の、30秒足チャートから。

オフィシャルと同じく、34分以降の表示を隠して確認します。

※ 掲載しているチャートは、昨夜取得したデータです。


ロングサイド


ADI 
ADI_30s_160811.png

最後の足は、表示無し。
潜っている為、選択せず。


MSFT 
MSFT_30s_160811.png

選択した銘柄。

最後の足はハイバンドより上。
トレンドに沿っている為、選択。


ATVI 
ATVI_30s_160811.png

最後の足は、バンド内で陽線。
潜っている為、選択せず。


WFM 
WFM_30s_160811.png

選択した銘柄。

最後の足はハイバンドより上。
トレンドに沿っている為、選択。


GOOG 
GOOG_30s_160811.png

選択した銘柄。

最後の足はハイバンドより上。
トレンドに沿っている為、選択。


ショートサイド


FANG 
FANG_30s_160811.png

最後の足は、表示無し。
チャートが汚い為、選択せず。


SAGE 
SAGE_30s_160811.png

最後の足はローバンドより下。
チャートが汚い為、選択せず。


ILMN 
ILMN_30s_160811.png

最後の足はハイバンドより上。
チャートが汚い為、選択せず。


VRTX 
VRTX_30s_160811.png

最後の足は、表示無し。
チャートが汚い為、選択せず。


FSLR 
FSLR_30s_160811.png

選択した銘柄。

最後の足は、表示無し。
トレンドは横ばいだから、選択すべきではなかったですね。


ロングサイド:MSFT WFM GOOG
ショートサイド:FSLR 以上を選択。


オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。

160811_u_QM33.png

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


今週から、手仕舞いの差に関する、詳細な分析を始めています。

今日は、手仕舞いが遅い事が多かったようです。


選択した銘柄を、3分足チャートで確認していきます。


ロングサイド



MSFT +80ドル
MSFT_3m_160811.gif

呑み込み陰線で潜ってきた為、脱出。


WFM -180ドル
WFM_3m_160811.gif

陰線2つで、バンド内に潜ってきた為、脱出。

エントリー位置が悪く、1000株銘柄でもあるので
もう少し早く脱出すべきでした。


GOOG -35ドル
GOOG_3m_160811.gif

ローバンドを割ってきた為、脱出。


ショートサイド


FSLR -320ドル
FSLR_3m_160811.gif

呑み込み陽線で、逆に動いた為、脱出。

呑み込み始めた時点で、脱出で良かったと思う。
こういう時は、30秒足の脱出を活用しないとですね。



と、ここまでで検証は終わり。

予想通り、誤選択の差が痛かったです。

TSを使い始めて、明らかに選択率は落ちていますが、正解率に関しては
ちゃんと選べば、間違いのない銘柄が選べていると思います。

まずはここですね。

ちゃんとしたトレンドのものを選択する事。

選択率については、とある検証でフォローできる可能性があるので
これに関しても、そろそろリアルタイムでの練習をしてみようと考えています。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する