米国ナスダックマーケット05(金)

※8/6 12:00 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。


本日は、ノートレードとなりました!


今日の指数は、ギャップアップで開始。

序盤はアップトレンドになりつつある流れ。


選択銘柄が、2銘柄までしか揃わずノートレードとなりました。

指数は上がり続けていたので、ロングサイドに
無理やり入っても、勝てた可能性は高かったですね('-';)


5日のナスダック総合指数(QQQにて代替中)
160805_u_QQQ.png


5日のボトムスキャン TOP5
160805_u_BS.png



さて、それでは検証を始めます。

まずは、ボトムスキャンTOP5の、30秒足チャートから。

オフィシャルと同じく、34分以降の表示を隠して確認します。

※ 掲載しているチャートは、昨夜取得したデータです。


ロングサイド


LRCX 
LRCX_30s_160805.png

最後の足は、バンド内で陰線。
潜っている為、選択せず。


NXPI 
NXPI_30s_160805.png

最後の足は、バンド内で陽線。
潜っている為、選択せず。


AAL 
AAL_30s_160805.png

エントリー候補だった銘柄。

最後の足はハイバンドより上。
トレンドに沿っている為、選択。


JUNO 
JUNO_30s_160805.png

最後の足は、表示無し。
見える範囲では、逆に動いている為、選択せず。


AAPL 
AAPL_30s_160805.png

エントリー候補だった銘柄。

最後の足は、バンド内で陰線。
トレンドの範囲内ではあると判断し、選択。


ショートサイド


CTSH 
CTSH_30s_160805.png

最後の足は、バンド内で陰線。
潜っている為、選択せず。


CSCO 
CSCO_30s_160805.png

最後の足は、バンド内で陽線。
潜っている為、選択せず。


VIAB 
VIAB_30s_160805.png

最後の足はローバンドより下。

これは選択候補に入っても、おかしくないなぁ。

なぜ選ばなかったのかは不明ですが
チャートを再読み込みした際、チャートが変化した可能性があります。

TSはメインのリアルタイムのデータ受信と、後から他のデータで
チャートの形を補完している感じがするので、その影響だと思います。

検証にも影響が出るので、画像取得の良い方法を考えたいですね。


IBB 
IBB_30s_160805.png

最後の足はハイバンドより上。
逆に動いている為、選択せず。


CMCSA 
CMCSA_30s_160805.png

最後の足はハイバンドより上。
逆に動いている為、選択せず。


本日はノートレードの為、エントリーは無し。



と、ここまでで検証は終わり。

今週1週間は、オフィシャルでは夏季休暇の為、検証の更新はなし。

チャートを見比べることはできませんが、指数の方向感が無い時は
特に綺麗なトレンドの個別チャートを選びたいところ。

今日は34分時点で、上値抜けてきているので
どちらかというと、アップトレンドの流れだと思います。


34分以降は、指数は上げ続け。
ロングサイドに入っていたら、恐らく勝てた感じですね。

NXPI は潜っていると判断し、候補にしませんでしたが
バンド内で陽線なので、一応トレンドには乗っているとも取れたかも?


NXPI_30s_160805.png
でも結構潜った位置だよなぁ。


これを含めてエントリーをしたとして、NXPI 、AAL 、AAPL の3銘柄で
トータル500ドル程の利益だった感じです。



おまけ

さて、昨夜はノートレードだった訳ですが、日本株を始めてから
QM33のエントリーに当たって、とある事に気が付いてしまいました。

1週間程のデータがやっと揃いましたが、成績はまずまずといったところ。


昨夜のデータだと


160805_t.png
ロングサイド:AKAM、NVDA ショートサイド:ATVI は選択できそう。


赤い枠の30秒足チャートは、選択候補にできていたのではないかと。

どこから探してきた銘柄だろう?と気になるかもしれませんが

もう少しデータがたまって、良い成績が出る様なら、記事にしてみたいと思います♪
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する