米国ナスダックマーケット12(火)

※7/13 13:15 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

1607012_DT.jpg


本日より、トレードステーションでのシミュレーション開始です!


今日の指数は、ギャップアップで開始。アップトレンドの流れ。

3銘柄ロスカットとなりましたが、残った1銘柄が順調に伸びて、手堅い勝利。

トレードステーションの準備は万端でだったので、大きな混乱はなかった感じです。


12日のナスダック総合指数
160712_NQC5.jpg


12日のボトムスキャン TOP5
160712_BS.jpg



さて、それでは検証です。

まず初めに、今日のトレードステーションでの検証について。

昨夜のザラ場中は、チャートの見やすさや、使用感について
特に問題点は見えませんでしたが、検証を始めるとかなりの問題点がでてきました。


大きな問題点として、1つ目はCQGと比べ、チャートの形に若干の違いがある事。

詳細については、以前オフィシャルの記事を見ていたので、認識していましたが
手仕舞いの位置など、オフィシャルの検証とは、大分ずれる可能性が出てくると感じました。

※ この件に関する、オフィシャルの解説ページ(リンク先:DAYTRADENET.COM)


そして2つ目、上記のオフィシャルのページの解説に、関連する事ですが
昨夜のチャートと、翌日検証のチャートでは、これまたチャートの表示が変わっています。

今後、自身の手仕舞いについて、詳細な検証を行おうとした場合
夜間のうちに、チャートのスクリーンショットを取って置く必要がありそうです。


いずれにせよ、今後の検証はオフィシャルの結果との整合性
どこまで、自身のトレードがオフィシャルの手仕舞いに近づけたか?

というよりは、同じ手法で、トレードステーションを使った場合とCQGを使った場合
どれぐらいの、プロフィットの差がでるのか?

自身の手仕舞いは、今までの経験に基づいて、適切だったのか?
という、検証になっていく感じがします。


もちろん、まったくCQGのチャートと違うわけではないですし
基本のトレンドは同じなので、脱出位置は限りなく近づけられると思います。

ちなみに、この後掲載のチャートについては、昨夜のチャートとは
表示が違うものとして見ていただければ幸いです。

(CQGとの表示の差については、この後、別記事にて検証予定です)


それではまず、ボトムスキャンTOP5の、30秒足チャートから。

オフィシャルと同じく、34分以降の表示を隠して確認します。


ロングサイド


EXPE 
EXPE_30s_160712.png

選択した銘柄。

最後の足は、バンド内で陽線。

このチャーだけ見ると、微妙な位置な気がしますね。
昨夜のチャートとは、表示が違う可能性があります。

指数が強かった事も考慮して選んでいたと思います。


AVGO 
AVGO_30s_160712.png

選択した銘柄。

最後の足はハイバンドより上。
トレンドに沿っている為、選択しました。


AAL 
AAL_30s_160712.png

選択した銘柄。

最後の足はローバンドより下。

通常は選べない形ですね。
昨夜のチャートとは、表示が違う可能性があります。


NXPI 
NXPI_30s_160712.png

最後の足はローバンドより下。
逆に動いている為、選択せず。


TSRO 
TSRO_30s_160712.png

最後の足はローバンドより下。
逆に動いている為、選択せず。


ショートサイド


DISH 
DISH_30s_160712.png

最後の足はハイバンドより上。
逆に動いている為、選択せず。


AMZN 
AMZN_30s_160712.png

選択した銘柄。

最後の足はローバンドより下。
トレンドに沿っている為、選択しました。


NFLX 
NFLX_30s_160712.png

最後の足は、バンド内で陰線。
潜っている為、選択せず。


FB 
FB_30s_160712.png

最後の足はローバンドより下。

トレンドに沿っているので、選択できる銘柄です。


COST 
COST_30s_160712.png

最後の足はハイバンドより上。
逆に動いている為、選択せず。


ロングサイド:EXPE AVGO AAL 
ショートサイド:AMZN 以上を選択。


オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。

160712_QM33.jpg

※ オフィシャルの検証結果(リンク先:DAYTRADENET.COM)


今日はそれ程、悪い成績じゃないですね。
AAL はオフィシャルでは未選択なので、運が良かった感じでしょうか。

昨夜の30秒チャートが確認できないのが、痛いです。


続いて選択した銘柄を、3分足チャートで確認していきます。

※ 昨夜のチャートとは表示が変わっているので、ストップの表示は付けていません。

ロングサイド


EXPE -20ドル
EXPE_3m_160712.gif

逆色足が2本続き、上値も重そうな形の為、脱出。


AVGO -63ドル
AVGO_3m_160712.gif

上値が重そうな形で、呑み込み陰線が出た為、脱出。


AAL +640ドル
AAL_3m_160712.gif

呑み込み陰線の後、陰線で、逆色足2本続き&トレンドも割れたため脱出。

これは、呑み込み足の次、脱出がよかったですね。


ショートサイド


AMZN -54ドル
AMZN_3m_160712.gif

このチャートだけ見ると、ストップは1本目の終値に付けていると思うので
このまま伸ばせた形に見えます。

昨夜のチャートとは表示が変わっているものですね。

ちなみに、昨夜の表示はこちら。

AMZN_3m_160712_02.jpg

たまたま全画面のショットが残っていたので、切り取って掲載です。
3本目で呑み込み陽線となった為、脱出したようですね。



と、ここまでで検証は終わり。

最後のAMZN を見ても、恐らくこれは脱出する形に見えるのではないかと思います。

CQGとのチャートの差は、小さくないようです。

もちろん、トレードステーションの表示で、上手く行くケースもあると思うので
どれぐらいの差がでるのか?

今後、要注目ですね!
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/07/13 (Wed) 14:41
    tokyojoe #rbj6yZGk - URL
    No title

    トレードステーションの検証、参考になります。
    でもチャートの形が日によって違うのは問題ですねぇ

    AMZNですが、CQGとは今日の方がチャートの形は似ていますね

  • 2016/07/13 (Wed) 17:45
    かんきちくん #- - URL
    Re: No title

    コメントありがとうございます!

    ワンクリックシミュレーションは、全然問題ないですね。

    タイムフレームが長くなればなるほど、誤差がなくなる感じです。

    リアルタイムのチャートの差も、誤差の範囲内だといいのですが・・・('-';)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する