米国ナスダックマーケット10(金)

※6/11 14:11 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

160610_DT.jpg


今日は、手堅く終わらせることに集中した!

はずでしたが、ただのビビりだったかも。。。

30秒足と、3分足の組み合わせへの意識が、出来ていなかったです。


10日のボトムスキャン TOP5
160610_BS.jpg



さて、それでは検証です。

まずは、ボトムスキャンTOP5の、30秒足チャートから。

オフィシャルと同じく、34分以降の表示を隠して確認します。


ロングサイド


GOOG 
GOOG_30s_160610.png

オフィシャルでは、未選択のもの。

34分が始まってから、陰線で下げてしまいましたが
最後の足はハイバンドより上。

トレンドが続いている為、選択しました。


MDLZ 
MDLZ_30s_160610.png

オフィシャルでは、選択のあったもの。

最後の足は、バンド内で陽線。
まだ潜っている状態という事と、指数が下げていた事から見送りました。


ULTA 
ULTA_30s_160610.png

最後の足はローバンドより下。
逆に動いている為、選択せず。


MSFT 
MSFT_30s_160610.png

最後の足は、バンド内で同時足。
トレンドの範囲内と判断し、選択しました。


CMCSA 
CMCSA_30s_160610.png

オフィシャルでは、選択のあったもの。

最後の足は、バンド内で陰線。
緩いトレンドが続いていますが、指数が下げていたこともあり、見送りました。


ショートサイド


EXPE 
EXPE_30s_160610.png

最後の足は、バンド内で短い陽線。
潜っている為、選択せず。


WDC 
WDC_30s_160610.png

最後の足はハイバンドより上。
逆に動いている為、選択せず。


KHC 
KHC_30s_160610.png

最後の足はハイバンドより上。
逆に動いている為、選択せず。


XLNX 
XLNX_30s_160610.png

最後の足はローバンドより下。
トレンドが続いている為、選択しました。


YY 
YY_30s_160610.png

最後の足は表示無。
34分以降、ローバンドより下の陰線が出た為、選択しました。


ロングサイド:GOOG MSFT 
ショートサイド:XLNX YY 以上を選択。


オフィシャルの選択と、自身の選択による結果は、以下の通り。

160610_QM33.jpg


今日は、手仕舞いの差が大きいですね。


選択した銘柄を、3分足チャートで確認していきます。


ロングサイド


GOOG -58ドル
GOOG_3m_160610.gif

3本目陰線途中、30秒足の判断で脱出。

30秒足チャート
GOOG_30s_02_160610.gif

上値が右下がりになってきた為、脱出しました。


MSFT +30ドル
MSFT_3m_160610.gif

3本目陰線途中、30秒足の判断で脱出。

30秒足チャート
MSFT_30s_02_160610.gif

3分足の1、2本目と長めが続いていた事もあり
ローバンドを割ってきた為、脱出しました。

この時点でショートサイドのYYが伸びていた事を考えると
この時点我慢は十分できたと思いますが、オフィシャルの脱出位置まで我慢できたかは微妙。

自身の手仕舞いの癖、性格からすると
ロスを増やして手仕舞いするよりは、良かったと思います。


ショートサイド


XLNX -170ドル
XLNX_3m_160610.gif

36分時点で、逆色足となった為、脱出しました。


YY +350ドル
YY_3m_160610.gif

3本目陰線、次の頭で脱出。

30秒足チャート
YY_30s_02_160610.gif

ハイバンドを超えて陽線。
この時点で終われば、プラス終了という事もあり、3分足は見ず脱出しました。

3分足の形からすると、次陽線でプラスマイナス0になるぐらいまでは、粘っても良かったですね。



と、ここまでで検証は終わり。

YYの手仕舞いは、正直いただけないですが
検証の様な考えを持てていたら、負けていないですし

逆に伸ばせた事を見ると、今後の考え方にいい影響を与えそうな気がします。

とりあえず勝つ!
としていても、どうやれば勝てるのか?

ここの掘り下げがまだまだな気がしますね。


しかしまあ、週末という事もあり、今日はとにかく勝とうと考えていたので
僅差とはいえ、勝てて良かったです('-';)

今週もお疲れさまでした。皆さま良い週末を!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する