先週の検証と、今週の課題

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。

週初めですので、先週の検証と今週の課題を考えます。

160606_01.jpg


まずは先週の結果から。

日別一覧
160606_02_2016060613041670b.jpg


トータルの結果
160606_03.jpg


34分に、オフィシャルで選択した銘柄に入れた割合は、60.0%(先週 57.9%)

正解率は、50.0%(先週 64.7%)



選択率はほぼ変わらず。

正解率下がっている原因は、オフィシャルがノートレードの日に
エントリーしてしまった事による影響のようです。


5月の月間検証で書いた

オフィシャルでノートレードの日に、エントリーすると
選択も間違いになるし、正解率も下がる。


これですね。


勝てる確率の低い日は、トレードをしない事。

こちらを肝に銘じて置こうと思います。


続いて成績の差は・・・


オフィシャルで選び、自身は未選択だった銘柄の利益で、-620ドル差。

オフィシャルは未選択なのに、選択してしまったもので、-215ドル差。

同じ選択をしたのに、脱出で差が出たものが、-615ドル差。



が出ています。


未選択の差は、オフィシャルで2銘柄エントリー
自身はノートレードだった日の結果なので、大きな問題はなさそうです。


手仕舞いの差は、伸ばせたかどうかの差。

個別銘柄のチャートパターンの判断は、先週よりは改善している模様。
(3分足を基本とした判断で、手仕舞い出来ていた)

しかし、指数のトレンドが続いているのに、同じトレンドの銘柄を
個別で脱出してしまったのは、課題が残った感じですね。


今週は、指数との連動性をもっと意識しようと思います。


【QM33 現在の取り組み】

・オフィシャルの選択80%以上。正解率80%を目標。

・まずは勝って終わる事を意識する。

・基本は3分足での判断!

・指数を意識した、エントリー、脱出を心がける。

・トータルでマイナスの際は、最小限のロスで脱出。

・トータル損益からの脱出理由を、日々の検証で書いていく。



以上、今週も皆様、よろしくお願いします('-')ノ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する