乳酸潮流!

160529_01.jpg


我々はこの写真を知っている!
いや!この容器と、この容器の中の液体を知っている!



っと、こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

超ーー久々ですが、以前作っていた乳酸菌のその後について。


以前の記事はこちら。


さて、以前の記事が1月末で、今が5月末。

約4か月ですね。。。

やっとこさ、培養のコツらしきものが分かったので、その後の報告です。


まず以前作ったものについて。


160529_07.jpg


ヨーグルトメーカーを注文したのが12月末。なのに何故か4月まで届かず。

amazonさんの手違いだったみたいですが、こういう事もあるんですねぇ。


成功していたのですが、放置してたら、完全に腐ってしまいました(汗)

やっとヨーグルトメーカーが届いて、再度作り直したものがTOPの写真。


米のとぎ汁から、乳酸菌を培養する方法は、以前の記事を参考にしてもらうとして

その後どういう変化が起こったか。


まず成功の判断基準として

① 臭い匂いがしなければ成功(酒の様な、麹の様な香りがしました)

② なめてみると、酸っぱい。



酸っぱさについては、発酵具合によって、かなり酸っぱさが変わります。

冬場は気温が低いので、なかなか酸っぱくならなかったです。


これからの季節は、その辺に放置するだけでも酸っぱくなると思います。

培養しやすい温度は、30℃~40℃というのは、ホントらしいですね。


保存は1週間に1回ぐらい味見して、甘味が消えていたら、砂糖と塩を餌として与える感じ。

毎日振っていれば、雑菌が部分的に増殖することもなく、安定した酸っぱさが維持できると思います。


160529_05.jpg


さて、成功した乳酸菌でヨーグルトを作成してみましたが、なかなか上手く固まらず四苦八苦。

ちゃんとしたものが作れる様になりましたので、次回はこれをネタしようと思っています。

どうぞお楽しみに!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する