先週の検証と、今週の課題

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。

週初めですので、先週の検証と今週の課題を考えます。


160523_01.jpg


まずは先週の結果から。

日別一覧
160523_02.jpg


トータルの結果
160523_03.jpg


34分に、オフィシャルで選択した銘柄に入れた割合は、80.0%(先週 84.0%)

正解率は、69.6%(先週 77.8%)



選択率は、ほぼ変わらず。80%以上をキープ。

正解率が先週に続き、下がってます。


この原因は、日々の検証でも書いた通り
選択率を上げるために、入れそうなものは、とりあえず入る!

を実践していたためです。

厳選した銘柄でない以上、ハズレは増えますよね。

ギャンブルになっていたので、先生のアドバイスには助けられました。


そして成績の差からわかる点として


オフィシャルで選び、自身は未選択だった銘柄の利益で、-680ドル差。

オフィシャルは未選択なのに、選択してしまったもので、-1472ドル差。

同じ選択をしたのに、脱出で差が出たものが、-2449ドル差。



が出ています。


誤ロスが多めなのは、先週に関しては仕方がないとして

今後は厳選した銘柄を、選択していこうと思います。


大まかに考えて、選択率が50%で、正解率が100%なら

オフィシャルで取れる可能性の
50%は取れる可能性があるという事になると思います。


50%の中に、当たりが入るかどうか?

手仕舞いが適切にできたか?で

最終的にオフィシャルの成績の何%取れたか?となりますが


ひとまず正解率100%で、80%の選択ができていれば
当たる確率は、まずまずだと思います。


選択率は80%以上、正解率は100%を目指す。

これを今後の銘柄選択の、目標にしたいと思います。


ここまでの考えからすると

後はやはり出てきました、手仕舞いの問題ですね。

入る方は勇気が必要かもしれませんが、脱出は臆病でもいいかもしれません。


伸びているときは、イケイケで。

怪しいときはトータルの損益を考えて慎重に。

特にトータルでマイナスの時は、即脱出する癖をつけていきたいと思います。


160523_04.jpg


具体的に、どうやって癖をつけるか・・・


やはり基本は、脱出の基準固めになるでしょうか。

-150ドル許容が曖昧になってきている気がするので
(-150ドルを超えても、持ち越している)

まずは、ここを注意しようと思います。


後はトータルでマイナスの際は、出来るだけ早く脱出するという事で
30秒足での早い脱出も、意識しなければダメだと感じました。


伸びているときは基本3分足で、アベレージを目標に伸ばす。

脱出の王道パターンでは、トータルの損益によっては30秒足で脱出。


このあたりを意識して、今週は頑張ろうと思います!


【QM33 現在の取り組み】

・34分限定の執行。

・最低3銘柄以上入る。

・オフィシャルの選択80%以上。正解率100%を目標。

・まずは勝って終わる事を意識する。

・トータルでマイナスの際は、最小限のロスで脱出。

・トータル損益からの脱出理由を、日々の検証で書いていく。



以上、今週も皆様、よろしくお願いします('-')ノ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する