先週の検証と、今週の課題

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

週初めですので、先週の検証と今週の課題を考えます。

160516_01.jpg


まずは先週の結果から。

日別一覧
160516_02.jpg


トータルの結果
160516_03.jpg


34分に、オフィシャルで選択した銘柄に入れた割合は、84.0%(先週 77.4%)

正解率は、77.8%(先週 83.3%)



先週目標にしていたとおり、オフィシャルで選択の銘柄に入れた割合を
伸ばすことが出来ました!

正解率は若干下がってますが、誤ロスの結果を見ると、先週よりロスは減っているので
ひとまず大きく気にする必要はなさそうです。


そして成績の差からわかる点として


オフィシャルで選び、自身は未選択だった銘柄の利益で、-1380ドル差。

オフィシャルは未選択なのに、選択してしまったもので、-390ドル差。

同じ選択をしたのに、脱出で差が出たものが、-3584ドル差。



が出ています。


未選択の差は縮まっていますが、脱出の差は依然大きいまま。


脱出の差は、主にロスカットの差と、伸ばせたかどうかの差、最大利益で
脱出できたかで差が出ていると考えられますが、先週はすべてを含んでいる感じ。


逆に動いているのに、すぐ脱出できない。

最大利益まで我慢できても、良いところで手仕舞いできず、利益を減らしてしまう。


先週のトレードを思い直してみましたが、こういう時はやはり
欲から脱出しそびれている感じがします。

後はマネジメントが出来ていないという事でしょうか。

QMALLでも、つまづいていたところですね。


欲については、基本アベレージまで伸ばす。

アベレージ手前で反転した時は、妥当な利益が取れているかを
トータルの利益と相談して、脱出する。

と制限を設けていますが、この結果を見る限りだと、このルールを守れてない感じがします。


ここまでの考えからすると

手仕舞いについても、何らかしら対策をしなければ
これ以上の成績アップは、無い事が分かります。


いろいろ対策を考えましたが、今週より日々の検証にて

ちゃんとアベレージを意識していたか?
アベレージ手前で脱出した際は、なぜ妥当な利益と判断したのか?


を記録に残していこうと思います。


今までの検証結果を見ると、チャートパターンからの脱出理由は
それなりに、書かれている感じがしますが

こういう部分の記録が、少なかったようです。

日々の検証の中に、記録として書き留め、意識できるように試みようと思います!


【QM33 現在の取り組み】

・34分限定の執行。

・最低3銘柄以上入る。

・オフィシャルとの選択差をなくす。

・まずは勝って終わる事を意識する。

・トータル損益からの脱出理由を、日々の検証で書いていく。



以上、今週も皆様、よろしくお願いします('-')ノ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する