米国ナスダックマーケット25(月)

※4/26 19:16 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

160425_DT.jpg


今日の36分時点での確定ロスは -502ドル。

残った銘柄は、③ CRZO、⑤ TSLA、⑦ BBBY、⑩ CME、の4つ。


利幅のある銘柄は、逆に行くと痛い。

これを実感した日ですね。

これをもう少し何とかできれば、イーブンぐらいまで持って行けたかも。


さっそく1分足の手仕舞いも使いましたが

こちらは、なかなか上手く行った気がします。


25日のボトムスキャン TOP5
160425_BS.jpg



さて、それでは検証です。

今日の選択銘柄は・・・
ロングサイド:SCTY ESRX CRZO MAR TSLA
ショートサイド:MYL BBBY EXPE REGN CME っと。

選択は問題なし。株数も大丈夫そうですね。


では個別チャートの検証に移ります。

まずはロングサイドから。

① SCTY +80ドル
SCTY_160425.gif

反対サイドギャップ。236を超えていない。

入りは問題なし。脱出は2本目陰線(×)次の足脱出。
これは迷えないものですね。

【現状のルール】
2本目が反対サイドに動いたら次の足の頭で手仕舞い。


② ESRX -10ドル
ESRX_160425.gif

反対サイドギャップ。236を超えていない。

入りは問題なし。脱出は2本目陰線(×)次の足脱出。
これも迷えないものですね。


③ CRZO -190ドル
CRZO_160425.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は4本目陰線(×)次の足脱出。

今日残った中では、値幅の期待できる銘柄。

しかし、20MAは右下がり。

これは3本目の陰線で、出たほうがよかったですね。


値幅から、伸びたときの期待で持ち越してしまいましたが

値幅があるという事は、下がったときの痛手も大きいということ。

こういうロスが積み重なると、結構いたいです。


④ MAR -15ドル
MAR_160425.gif

同方向ギャップ。薄いギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陰線(×)次の足脱出。
これは迷えないものですね。


⑤ TSLA -230ドル
TSLA_160425.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は6本目陰線(×)次の足脱出。

これは最悪でも、4本目の陰線、次の頭で脱出でした。

この銘柄も、値幅が期待できる銘柄だったので
ここまで持ち越してしまいましたが

値幅があるという事は、下がったときの痛手も大きいということ。

オフィシャルの早い脱出も、そのあたりを見越しての事なのだと思います。


続いてショートサイド

⑥ MYL -80ドル
MYL_160425.gif

同方向ギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)次の足脱出。
これは迷えないものですね。


⑦ BBBY +320ドル
BBBY_160425.gif

入りは問題なし。脱出は7本目陽線(1分足判断)で脱出。

1分足チャート
BBBY_160425_02.gif

最後、陽線で呑み込みの為脱出。

手堅く取るのであれば、問題ない脱出だと思いますが
オフィシャルの脱出は、レンジアベレージまで粘っての脱出。


今日はこの銘柄の検証で、相当悩みました。


ここから、オフィシャルの解説を交えた考察。

BBBY0425.gif

BBBY +610ドル

レンジアベレージで手仕舞い。 

唯一伸びた銘柄。

これしかないので、とにかくホールド。

下は1分足。 

BBBY0425e.gif

1分単位だといいところで手仕舞い出来ることがわかるはず。



手仕舞いは、1分足判定で、レンジアベレージにヒットし
呑み込んだ陽線で脱出判定。次の頭で脱出。


自身がこのチャートで、脱出判断をしたら

3本後の長い陽線で、レンジアベレージに到達したし
トレンドが割れたとして、次の頭で脱出していたと思う。

BBBY_160425_03.gif


利益としては、大きな差は無いですが

この脱出の考えの差は、かなりの違いだと感じました。


トレンドは割れてないですが、アベレージ手前で呑み込まれたから

戻す確率が高いと考えて、脱出したのか?

とすると、初めからアベレージまでしか、伸ばさない予定だったのか?


この後粘れば、アベレージを越えて伸びているところを見ても

アベレージ付近で、何らかの戻しの兆候が出たら
すぐ脱出する気でいたのは、間違い無い気がします。


となると、伸ばす基準はやはり、基本アベレージまで。

戻しの兆候が出なかったり、トレンドが続くなら

ここまでのトータル損益も考えて
アベレージを超えて伸ばしていく感でしょうか・・・


週間検証への先生からのアドバイストも
このあたりの事を心配しての様な気がします。


⑧ EXPE -300ドル
EXPE_160425.gif

同方向ギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)次の足脱出。
これは迷えないものですね。


⑨ REGN -177ドル
REGN_160425.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)次の足脱出。
これも迷えないものですね。


⑩ CME -45ドル
CME_160425.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は8本目陽線(×)次の足脱出。

1分足は見ていましたが、オフィシャルと同じ位置で、脱出の判断がつかず。

3分足でトレンドは割れてなかったことから、ここまで持ち越してしまいました。

このあたりは、今後経験をつんで改善できると思います。



と、ここまでで検証は終わり。

最近、検証時間がどんどん長くなってる気がしますが

納得できる考えがなかなか纏まりません。

今日の⑦ BBBY は、解決の糸口を見つけた気がしますが

この銘柄のトレードについては、まだ謎も残っています。


途中のプルバックを、あそこまで耐えられるのか?

ということです。


ずっと陰線が続いていたので、1分足であのようになったら
ある程度戻すのは、ほぼ確実。

その戻しの許容を、どこまでに設定していたのか。

BBBY_160425_04.gif
青いラインは、自身の手仕舞いの位置。

単純にチャートを見ると、3本目陰線が同時に近い短めの陰線で
若干の戻しがあり、次の足でブレイクしている雰囲気。

50.0のラインも重なっているので、ここが最終ストップに見えますが
自身の手仕舞いの場所からここまで戻すと、相当な減益。


ハイバンドがストップだと、もちろん脱出してるはずだし・・・

という事で、この辺の謎の解明が、次の糸口でしょうか。

伸ばす時の基準って、まだあるからなぁ。

しばらく悩み深い日が続きそうです。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する