米国ナスダックマーケット03(火)

今日から10銘柄執行の練習です!

とりあえず今日の結果から。

151103.jpg

勝てたけど、こりゃーむずい!
9銘柄まで執行できましたが、1銘柄反対に入ってたりしてますね。
すぐ気づいて手仕舞いしたけど・・・

チャートの検証は明日の日中行い、この記事を再編集する予定です。



さて、検証です。
3日のボトムスキャンの表示がこちら。

151103_BS.jpg

自分の選択銘柄は・・・
ロングサイド:FOXA DLTR MYL AVGO VIAB ATVI
ショートサイド:DXCM EA MDLZ っと。

事前に書いてあった通り、全9銘柄、ATVIについては
ショート銘柄ですが、まちがってロングで入ってしまってます。

選択はまあ、間違ってないか。
株数も問題なさそうです。

では、個別銘柄に移りまして・・・

まずはロングサイドから。

1.FOXA
FOXA_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は3本目陰線(×)で次の足頭で脱出。
特に問題はないはず。


2.DLTR
DLTR_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は3本目陰線飲み込み(×)で次の足頭で脱出。
チェックはできてるのですが、どの程度利益が出ているかまでは
確認できていません。

まあ1番大事なのは損切りだし、とりあえずチャートの判定で
どんどん執行するのがいいかもしれない。

これは特に問題ないでしょう。


3.MYL
MYL_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は2本目陰線(×)で次の足脱出。
これは迷えないものですね。

【現状のルール】
2本目が反対サイドに動いたら次の足の頭で手仕舞い。


4.AVGO
AVGO_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は4本目陰線(△2つめ)で次の足頭で脱出。

これは3本目同時の次(△1つ)で脱出でもよかったかもしれない。
保有銘柄でかなり利益がでていたのが、持ち越した1番の理由。

しかしよく考えると、損は確定されているが
利益はまだ確定されていない状態。

ここは何かしらの銘柄1つは、利益確定させ
±0以上まで持っていっておくべきだったと思う。

残りの利益がでていた銘柄も、全部持ち越してましたからね。
今後の改善点のひとつとして、覚えておくこと。


5.VIAB
VIAB_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は10本目、陰線飲み込み(△)次の頭で脱出。

これもちょっと欲張りましたね。
もちろん9本目陽線の段階で、陽線が続いていたので
下がる可能性が高いことは意識してました。

この時点ですでに利益が出ていたことと、9本目の陽線の長さが
そんなに長くなかったので、9本目頭をストップにして、持越しを決意。

結果、こんなに戻すとはorz

後で寝る前に、1日の値幅はどうだったんだろう?
と考えてましたが、先生の検証を見ると、やはり!でしたね('-';)

日本株をやってた頃も、利益確定の判定にレンジアベレージは
よく使っていました。

米国株でも判定に使う様にすること!


6.ATVI
ATVI_151103.jpg

問題のショート銘柄です。言い訳の余地は無いでしょう。
本日1番の間違い銘柄。

まあすぐに手仕舞いした判断は、褒めてあげたい(笑)


続いてショートサイド

7.DXCM
DXCM_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)で次の足脱出。
これは迷えないものですね。


8.EA
EA_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)で次の足脱出。
これも迷えないものですね。


9.MDLZ
MDLZ_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は4本目同時(△2つめ)で次の足脱出。

4本目の時点で残っていた銘柄は、AVGO、VIAB、MDLZの3銘柄。
損は確定されているが、利益の確定は無い状態。
さすがに利益を確定させたい気持ちが沸きあがってました。

AVGOが陰線飲み込みで、次の足で利益確定決定だったので
これ以上利益を減らしたくない気持ちもあり、合わせて手仕舞いを決意。

AVGOを4本目頭で脱出してたら、まだ持ち越してたかなぁ。
でも△2つめだし、これはどちらにしろここで手仕舞いしてたと思う。

VIABはまだまだいきそうでしたしね。
まあ、問題はなかったと思います。


と、ここまでで検証は終わり。

本日初めての10銘柄執行にチャレンジしましたが
いろいろ考える暇が無く、チャートの判定だけで執行するあたり
なかなか良い手ごたえを感じました。

この辺が先生が推奨する、練習の狙いの1つなのかも?

1分足とか見る余裕はまったく無いですねw

-150$についても見る余裕が無いので、ここをどうとるか。
過去の検証などから、最適な方法を見出したいですね。

10銘柄執行については、株数をまだメモに取る事があるので
ここが無くなれば問題なく執行できそうです。

この後午後は、また執行の練習だな(笑)


■今日の検証結果からの教訓
・3本目頭で、まず損は確定される。早めに±0まで持って行くように意識しよう。
・利益確定の判定に、レンジアベレージも併用しよう。



おまけ

掲載するまでも無いですがショートで入れなかった、SPLKのチャートです。

10.SPLK
SPLK_151103.jpg

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)で次の足脱出。
これは迷えないものですね。

入ってたら損してた。ラッキー♪
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/11/04 (Wed) 06:13
    首尾は上々

    オフィシャルな結果は両サイド10銘柄で +1030ドル。

    なので +910ドルは文句なしの結果といっていいでしょう。

    あと問題があるとすれば、慣れが解決するはず。

    Good Job !

  • 2015/11/04 (Wed) 13:19
    かんきちくん #- - URL
    Re: 首尾は上々

    訪問ありがとうございます。

    VIABのレンジアベレージは、ちょっと悔しかったですね~

    まだまだ覚えることがたくさんありますね!

  • 2015/11/04 (Wed) 16:57
    場数がモノを言う世界

     
    1分足は見る必要はないでしょう。

    入った足がエントリー方向と反対色が出たら逃げるので、迷いはないはず。

    指数の30秒足だけは見てますが・・

    150ドルのカットロスルールは、今の段階ではやらなくてもいいでしょう。

    それよりもトータルプロフィットのマネジメントの方が大事ですから。

    まずは1ヶ月間黙々と今のルールでやってみてください。

    そうすれば、自然に見えてくるモノが出てくるはず。

    でも銘柄を一銘柄くらい間違えても、これだけの成績が出るというのが、このトレード手法の安定性を物語っているのではないかと・・

    今のレベルの検証を続けていると、必ず良い影響が出てくるはずです。

    楽しみです。


  • 2015/11/04 (Wed) 20:00
    かんきちくん #- - URL
    Re: 場数がモノを言う世界

    手厚いコメント、ありがとうございます。

    執行がスムーズに出来る方法は、今後も改善点を探していきたいですね~
    余裕が出れば、ミスも減ると思いますし。

    ルールについては、余計なことはせず、今の方針で続けてがんばります('-')ノ

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する