3月のデモトレード検証(後半)

おまたせしました。3月のデモトレード検証(後半)です。


160403_01.jpg


3月分の成績で、オフィシャルの成績と比べ
1番大きな差は、3/3の-4527ドル差。

続いて、3/8、3/15、3/16で
-2000ドル以上の差が出ていました。

この4日分の取引記録を確認すると、何かヒントがあるのでは・・・


その結果見つけた、大きな違いについて。

ポイント① は、-150ドルの許容!でした。


気になるポイント② は、前回のチャートの手仕舞いについて
先生が書いてくれています。

自身のブログにも、アドバイスを頂いていました。


ポイント② ハイローバンドの利用!

伸ばすときの、大きな目安になります。

このポイントについて、成績の差が大きな日から
オフィシャルとのチャートを、見比べてみます。

「ハイローバンド」「バンド」というワードに注目!


3/3 ULTA +48ドル
ULTA_160303.gif


オフィシャルの手仕舞いは・・・

ULTA +1460ドル
ULTA0303.gif

これもトレンドラインとなるMAのローバンドを始値が切ってないからね。

ひたすらホールド。 

これだけ獲れれば文句なし。


3/3 PCAR +580ドル
PCAR_160303.gif


オフィシャルの手仕舞いは・・・

PCAR +1500ドル
PCAR0303.gif

トレンドラインとなるMAのローバンドを始値が切ってないのでホールド。

これも美味しかった。

手仕舞い位置はわかりやすいパターン。


3/15 BLUE +1190ドル
BLUE_160315.gif


オフィシャルの手仕舞いは・・・

BLUE +2270ドル
BLUE0317.gif

ハイバンドがトレンドライン。

レンジアベレージ手前で下げ止まりか。

これだけ獲れれば文句なしでしょう。


3/16 MAR +50ドル
MAR_160316.gif


オフィシャルの手仕舞いは・・・

MAR +300ドル
MAR0316.gif

CHTRはローソク足5本目で+700ドルオーバー。

なので、この銘柄もストレスなくホールドできるはず。 

レンジアベレージの手前でトレンドラインのローバンドにヒットしたら手仕舞いだ。



ポイント②については、ここまで。

まさにハイローバンド、恐るべし!ですね。


自身も、セミナーを受けた直後は
ハイローバンドしか詳しく知らなかったので

常に表示させていました。


いつ頃からか、フィボナッチの表示が
メインになってしまったのですが

改めて、その重要性に気付かされた感じです。


2月は特に、細かく取る事が多かったので
ハイローバンドの表示は、殆どしておらず

これはすっかり、迷路に迷い込んでいましたね。


そして実は、ポイント① と、②については
今後の大きな課題の、ヒントも眠っています。


取りまとめると、オフィシャルの記事


・2本目がサイン


が、今回の検証の総まとめとなります。

先生より頂いた、アドバイスに繋がるわけですね。


今回掲載した、ポイント①、および②以外にも
手仕舞いに差がある銘柄はたくさんありましたが

そのどれもが、自身は手堅く手仕舞い。
先生は大きく伸ばしている。

という違いのものばかりでした。


3/16 CHTR +1700ドル
CHTR0316_01.gif

横幅が足りないという珍しいケースとなったCHTR。

0時頃に赤い20MAにヒットしているが、ローバンドは抜けていない。

なので、ここはホールドだ。


CHTR0316_02.gif

20MAを切った位置が手仕舞いのポイント。

ホールド時間は3時間以上だが、それだけの価値のある利益ではないだろうか。



残った銘柄を信じる!


どこまで信じているか?


この違いが、オフィシャルとの成績の差なのだと
この検証で気が付いたしだいです。


3/16 CHTR +526ドル
CHTR_160316.gif
自身の手仕舞いは・・・


という事で、来月は伸ばす為に残す銘柄を見極める目を養う事と

ハイローバンドを主軸とした
手仕舞いの訓練を行う方向性で、トレードに臨みたいと思います。


いまさら、こんなところに気付くなんて・・・


出来の悪い弟子ですみません。

これからもよろしくお願い致します<(_ _)>
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/04/03 (Sun) 22:32
    着地点がナイス!

      
    一言で言えば、そういうことです。(笑)
     
     
    着地がいいということは、きちんと検証ができているということ。

    Good Job !


    あとは一貫してそれが実行できるかどうか。


  • 2016/04/04 (Mon) 21:55
    かんきちくん #- - URL
    Re: 着地点がナイス!

    コメントありがとうございます!

    どこまで伸ばせるのか?という基準が
    今は、基本レンジアベレージとなっているので

    今後、これをどこまで伸ばせるのか?
    悩み深いところです。


    しばらくは、ハイローバンドでいける所まで!

    を基本にしたいと思いますが

    一気に伸びたときは△1つや
    足の長さによっては、次の足で脱出・・・

    今までの経験も忘れず、精進したいと思っています。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する