3/24(木)検証補足

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

3月24日(木)のデモトレードで気付いた
自身の悪い癖について、今日は取りまとめです。

気付いた部分を書き出していたら、別の問題もみつかり
思わぬボリュームになったので、別記事に分けてしまいましたw;


では、気付いた悪い癖と、問題のチャートから。


問題点① 36分のロスを意識し過ぎている。

AAL_160324.gif
36分のロスを解消する為、手仕舞い。この後さらに伸びる。


少ないロスの日でも、この傾向は出ていると感じました。

様は、早く勝ちを確定させて、気分的に楽になりたいんですね。

悪くない作戦だとは思いますが
伸ばせる限界も制限される事になります。


2月中は、36分のロスが大きな日が続いたので

伸ばす事より、出来るだけトータルロスを少なくする
この様な癖が付いてしまったのだと思います。

ロスが少ない日は、ドンと構えて行きたいと思います。


問題点② 伸ばすつもりになった時の、チャートパターンの認識が甘い。

STX_160324.gif
陰線4本同色。最後が長いのに、ハイバンドをストップにしてしまう。


ハイローバンド基準になった時
△の数や、同色足の数や足の長さへの意識が薄い気がします。

どんなパターンが出ても、バンドを超えるまで持ってしまう感じ。

ある意味、潔いのかもしれませんが
臨機応変という事は、知ったほうがやはりいいですよね。


ここには、逆のバンドまで戻したときの、損益を考えてない為
という原因も恐らくあるので、このあたり今後注意ですね。


問題点③ 戻し幅を意識できていない。

問題点②を書いている時に、気付いた点です。

戻し幅を意識できていれば、妥当な手仕舞いの位置について
より正確な判断が出来るようになると思います。



この日の検証で気付いた点は以上。

週間の課題も、現在は
手堅く取る癖をつける為の、課題になっていますね。


一応、序盤のみに限定している課題ですが

3月の流れを見る限り、本道の伸ばす方向へ
もっと意識を向けてよいのではないかと、感じました。


詳細な結果は、3月の月間検証で明らかになると思いますが
来月は、この辺りが課題になってきそうです。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する