とある36分の手仕舞い検証 3/11(金)

こんにちは。と或るトレーダーのかんきちです。

3月11日(金)のデモトレードは -441ドルの負け。

36分時点での確定ロスは -260ドル。


このロスが、どこまで挽回できるのか?

とある36分の手仕舞い検証、はじめます!


36検証


33分執行なので、1分足の4本目の頭で入るのが基本。

青いラインが、入った値段です。

ここからどう動いたら、脱出すべきなのか。

個別チャートを確認していきます。


まずはロングサイドから。

① AVGO -84ドル(増減なし)
1m_AVGO_160311.gif

最後の1分足で、入った値段を割って終了。

3分足判定で、×脱出となるもの。


② AAL 手仕舞いなし
1m_AAL_160311.gif

入った値段を割ってないので、36分まで残るもの。


③ INTU -215ドル(-215ドル 増加
1m_INTU_160311.gif

4本目陰線(△1つ)脱出。

3分足の判定だと、36分以降残る銘柄。

236を割って、逆色足。結構なロスの為、脱出。


36分以降、利益を出していた銘柄なので
何とか残せないか?いろいろ考えましたが

客観的に見て、厳しいと判断しました。

唯一残せる点があるとしたら、始値を割っていないところですが
ここを割ると、当然底抜けですし、リスクが高い。

やはり脱出かなぁ。。。


④ CERN -20ドル(-20ドル 増加
1m_CERN_160311.gif

4本目陰線(△1つ)脱出。

3分足の判定だと、36分以降残る銘柄。

236を越えられず陰線の為、脱出と判断。


この銘柄は、36分以降伸びるのですが
最終的には大きく戻し、それ程の利益は出ませんでした。

4本目の陰線は、一応下髭も出てますし、ロスも少ないので
1本様子を見ても良かったかもしれません。


自身の検証では、236のガイドラインを重視して
手仕舞いをしていますので、2本目から超えていない点

レジスタンスとなっている点を、重視して脱出しました。


⑤ CMCSA 手仕舞いなし
1m_CMCSA_160311.gif

入った値段を割ってないので、36分まで残るもの。


続いてショートサイド

⑥ MDVN 手仕舞いなし
1m_MDVN_160311.gif

入った値段を割ってないので、36分まで残るもの。


⑦ ROST 手仕舞いなし
1m_ROST_160311.gif

4本目の陽線は、上髭が236に当たって、反発したように見えますね。

ロスも少ないですし、様子見になると思います。


⑧ JUNO 手仕舞いなし
1m_JUNO_160311.gif

入った値段を割ってないので、36分まで残るもの。


⑨ CELG -115ドル(80ドル 軽減)
1m_CELG_160311.gif

5本目陽線(△1つ)脱出。

4本目を呑み込んで逆色。236も割ってきた。

急いで脱出のパターンだと思います。


⑩ MSFT -60ドル(増減なし)
1m_MSFT_160311.gif

4本目の陽線は、236が上にあり、ロスも少ないので様子見。

最後の1分足で、入った値段を割って終了。

3分足判定で、×脱出となりました。



と、ここまでで検証は終わり。

結果は・・・ -155ドル 増加!

ロスが増えてしまいました!


今日はロスが増えた事以上に、36分以降残ったはずの
③ INTU と、④ CERN が消えたのが痛いですね。

両方とも、その後少しでも伸びたので
取れるチャンスを、この手仕舞いで潰したことになります。


この2銘柄の、本来の利益を加算すると

トータル-155ドル → -420ドルと、ロスが増える結果に。


この増加を含めても、今月の36検証はまだプラスですが
ロスの少ない日は、デメリットがある手仕舞いだという事が分かりました。

この辺を含めて、どう使える手仕舞いにするか?

今後も、要検証ですね!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する