先週の検証と、今週の課題

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

週初めですので、先週の検証と今週の課題を考えます。

まずは先週の検証から。


160307_03.jpg


【先週の課題】

課題1. 開始から3本目までにアベレージに到達した銘柄は、○で脱出。


該当は1件。


2/29 ENDP +1190ドル
ENDP_160229.gif

ちゃんと脱出できてました。

とはいえ、このあと4000ドルまで伸びた銘柄なんですよねぇ。


この日の36分のロスは、-1752ドル。

開始後3本目で、まとまった利益のある銘柄が
これしかなかった事もあるので、まあ問題ないと思います。


まだやったことはないですが
伸びたら、もう一度入りなおすという手もありますからね。

着実に1歩1歩、進んで行きたいと思います。



【今週の課題】

課題1. 開始から3本目までにアベレージに到達した銘柄は、○でも脱出。

先週から引き続き、課題とします。


いろいろ検証した結果、開始から4本以上同色で
アベレージを超えて伸び続ける銘柄は、殆どありませんでした。

3本目までにアベレージを超える、もしくはアベレージ近辺まで
来ているような銘柄は、次で1回は戻す確立が高いです。

2本目でアベレージ到達は、3本目頭で脱出。

3本目でアベレージ到達は、4本目頭で脱出を行う感じですね。


課題2. 開始から4本目、または5本目まで同色が続いて伸びた際
最後の足の長さが、1本目を除いて最も長い場合は、○でも脱出。


これも36分のロスを、早めに取り戻す。
という観点から、課題としてみました。

よくあるパターンで、気付いているのに
逆色△を待っている事が多いですからね(汗)


以上、今週の課題は2つです。

明確な課題はこれだけになりますが、以下早い段階で
脱出できるパターンを取りまとめ。ここも意識してトレードに臨む事。


~パターン1~

開始から5本目までにアベレージに到達したものは
その後、逆色△1つがでたら脱出。

もしくは最後の足の長さが、ここまでの足の長さの中でも
長めの場合は、○で脱出。


3本目までにアベレージに到達するものが無い際
次点で早い利益確保ができる有効なパターンだと思います。


~パターン2~

開始から3本以上、連続同色が続き
61.8のラインを超えて、逆色△1つが出たら脱出。

もしくは最後の足の長さが、ここまでの足の長さの中でも
長めの場合は、○で脱出。


アベレージに到達してないので、利益が若干落ちますが
これも、早い段階で、大きな利益が見込めるパターンだと思います。


~36分のロスが、-500ドル以上ある日の簡単なまとめ~

① 残った銘柄で、早い段階でまずは±0を目指す。

手仕舞いの優先順位(あくまで目安)

・伸びしろの基準は、レンジアベレージ。
・アベレージに到達して、同時や、逆色△1つ。
・アベレージ到達までに連続同色や、最後の足が長い。
・ゲインの少ない銘柄(株数の少ない銘柄)


② +終了が見えてきたら、残った銘柄で伸ばす事も意識する。

伸ばすといっても、連続同色や足の長さによっては、次で脱出。

・△2つ以上粘って伸ばす際は、ハイローバンドを必ず使う。
・ストップをどこにつけるか?よく考える。



さて、また新しい基準が出てきました。

気付いていても、脱出出来ない事が多いことから
課題としてみましたが、さてどうなるでしょうか。


あまりたくさん基準があっても混乱するので
毎週2つ程に限定し、すこしずつ癖を付けて行きたいですね。


変な基準の癖だけは付けない事。

よく検証して、課題にしたいと思います。

今週も皆様、よろしくお願い致します('-')ノ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する