米国ナスダックマーケット03(木)

※3/4 14:54 更新完了しました!

とりあえず今日の結果から。

160303_DT.jpg


今日の36分時点での確定ロスは -1050ドル。

残った銘柄は、② GT、③ ULTA、④ SWKS、⑤ PCAR、の4つ。


久々にミス発生。

ショート1銘柄入り損ね。

その入り損ねが序盤で大きく利益を出す、最悪の結果orz

ミスが無ければ、余裕勝ち。大勝もあり得た日でしたね。

オフィシャルは間違いなく大勝でしょう。
こういうのが分かるようになってきたのが悔しいw


3日のボトムスキャン TOP5
160303_BS.jpg



さて、それでは検証です。

今日の選択銘柄は・・・
ロングサイド:SNDK GT ULTA SWKS PCAR
ショートサイド:DISH DLTR ADBE WFM っと。

ショートサイドのROSTに入り損ねています。
これが痛かった。

あとは問題なし。株数も大丈夫そうですね。


では個別チャートの検証に移ります。

まずはロングサイドから。

① SNDK -80ドル
SNDK_160303.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陰線(×)次の足脱出。
これは迷えないものですね。

【現状のルール】
2本目が反対サイドに動いたら次の足の頭で手仕舞い。


② GT ±0ドル
GT_160303.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は3本目陰線(×)次の足脱出。


③ ULTA +48ドル
ULTA_160303.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は4本目陰線(△1つ)次の足脱出。

ここまでの時点で、なんとか±0が見えてきた状態。

他に伸びそうな銘柄があったので、38.2のラインを割った事もあり、脱出。

300株銘柄ですし、必要以上に警戒しないで、持ち越したほうがよかったかも。


④ SWKS +355ドル
SWKS_160303.gif

反対サイドギャップ。236を超えていない。

入りは問題なし。脱出は10本目陰線(△1つ)次の足脱出。

3本目以降のプルバックは、236をサポートとして、持ち越し。


この銘柄が最後に残った銘柄でした。

何とかトータル±0近くまで取り戻し、丁度50.0のラインで
反対色が出た為、欲張らず脱出。

とある36分の手仕舞いで、なんとかなる事に期待!


⑤ PCAR +580ドル
PCAR_160303.gif

反対サイドギャップ。236を超えていない。

入りは問題なし。脱出は4本目陽線(○)次の足脱出。


4本目の足は、これまでにない長さの伸び。

この時点で、36分のロスを取り戻せる銘柄が、無かった事もあり
手堅く利益確保と判断。

予想通り、次の足で少し戻しが入りましたが、その後伸びたのは残念。


ミスの入り損ねがなかったら、そちらの方が早く利益確保できていたので
持ち越して、伸ばせた可能性もありましたね。


続いてショートサイド

⑥ DISH -670ドル
DISH_160303.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)次の足脱出。
これは迷えないものですね。


入った位置が痛すぎる(汗)

まあ、キッチリ頭でボタンを押せるかが、重要で
どこで執行されるかは、運ですからねぇ。

このパターンは、とある36分の手仕舞いじゃ
取り戻せない形なのが心配。


⑦ DLTR -110ドル
DLTR_160303.gif

同方向ギャップ。薄いギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)次の足脱出。
これも迷えないものですね。


⑧ ADBE -50ドル
ADBE_160303.gif

反対サイドギャップ。

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)次の足脱出。
これは迷えないもの。


⑨ WFM -140ドル
WFM_160303.gif

同方向ギャップ。236を超えていない。

入りは問題なし。脱出は2本目陽線(×)次の足脱出。
これも迷えないもの。



と、ここまでで検証は終わり。

⑥ DISHの、-670ドルが無ければ、余裕勝ち。

入り損ねのミスが無くても余裕勝ち。

それでも残った銘柄で何とかしようと、今日は頑張っていました。

あとは、とある36分の手仕舞い次第ですね。

この後の検証もお楽しみに!



おまけ

⑩ ROST +630ドル
ROST_160303.gif

入り損ねた銘柄です。

反対サイドギャップ。

3本目でレンジアベレージにタッチ。次の頭で脱出。

週間の課題にあたるものですね。

⑥ DISHのロスが無ければ、4本目の陰線、次の頭で脱出でしょうか。
4本目、長いですものね。


いずれにしても、この銘柄があったら、レンジアベレージに到達している分
1番早く手仕舞いの判定に入ります。

50.0のラインを超えたばかりの、⑤ PCARは
様子見で、伸ばしていた可能性がありましたね。

いろいろ惜しい日でした。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する