5銘柄エントリーの練習

ふぅーたっぷり練習してきました!今晩はいけそうな気がする!

練習の一休みついでに、今日行った5銘柄エントリーの練習について
簡単に記録に残しておきます。

151029.jpg

■使用するもの
・Graphic-Clock(トレード用タイマー)
・ボトムスキャン
・デモトレーダー
・メモ用紙

まず、ボトムスキャン、デモトレーダー、Graphic-Clockを起動。
Graphic-Clockは、トレーニング用のタイマーに設定。

よりリアルにシミュレーションしたい場合は
CQGも起動するなり、実際のトレード中の環境を整えるといいと思います。


■練習方法
練習は、タイマーの音声に合わせて、3分を一区切りとして行う。

① 0:00~1:59(1分59秒まで)
まず2分前の状態を作っておく。
5銘柄分のオーダーウィンドを起動。

② 2:00(2分経過)
経過時の状態を作る。
・ボトムスキャンの「2」ボタンを押す。
・表示された銘柄を30秒以内に、オーダーウィンドへ打ち込む。

③ 2:30(2分30秒経過)
・再度ブレイクスキャンの「2」ボタンを押す。
・ボトムスキャン表示銘柄が、オーダーウィンドの銘柄と変化が無いか確認。
・ボトムスキャンの+236か、-236の数値を確認(大体の株価の確認の為)
・メモ用紙に換算した枚数1~5までを記入

④ 3:00(3分経過)
・メモに書いた枚数を、順番にクリック。

通常はこの後、チャートにも銘柄を打ち込んで、次のチェック作業に入る流れになると思う。

より練習の難易度をあげる場合は、②の時にあえて別の時間
「1」を表示させ、その時点の銘柄を打ち込み。
③の時点で「2」を押して、銘柄のチェック~枚数計算など行うのも良いと思う。

同じ株価ばかり表示だと、銘柄の打ち込みも、計算も慣れてしまうしw

そして練習してる間に、他にもいくつか小技を見つけてしまった。
1銘柄あたり、0.5~1秒は打ち込むのを短縮できてる気がする。

こういった小技も、また時間を見て記事にしてみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する