先週の検証と、今週の課題

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

週初めですので、先週の検証と今週の課題を考えます。

まずは先週の検証から。

160208_01.jpg


【先週の課題】

課題1. トータル損益で±0以上を心がける

① △2つで脱出しているか?チェック。

と、なっていました。


結果 ・・・ 2件該当あり


2/3 MDLZ
MDLZ_160203.gif

△2つで脱出せず。利益が出ていたのに、×で終了させてしまう。


2/5 ADBE
ADBE_160205.gif

△2つで脱出せず。利益を減らし、手仕舞い。


先週も、先々週も、△2つで脱出せず、きっちり利益を減らしています。

先日の記事で書いた通り、伸ばす基準が間違っている為です。

ここが固まるまでは、△2つ、×1つは必ず脱出をする事。

課題名を変えて、今週も引き続きチェックします。



続いて今週の課題について。


【今週の課題】

課題1. △2つ、×1つで脱出が出来ているか?チェック

-150$許容も、いったん封印します。

△1つか2つか?このポイントを絞るだけでも、利益は増えるので
ここを突き詰める予定です。

その為にも余計なロス、△2つ以上の持越しや、×の無視はしない事。


~36分のロスが、-500ドル以上ある日の簡単なまとめ~

① 残った銘柄で、早い段階でまずは±0を目指す。

手仕舞いの優先順位(あくまで目安)

・伸びしろの基準は、レンジアベレージ。
・アベレージに到達して、同時や、逆色△1つ。
・アベレージ到達までに連続同色や、最後の足が長い。
・ゲインの少ない銘柄(株数の少ない銘柄)


② +終了が見えてきたら、残った銘柄で伸ばす事も意識する。

伸ばすといっても、連続同色や足の長さによっては、次で脱出。

トレンドラインを重視。最悪は△2つで脱出。
ストップをどこにつけるか?よく考える。


以上、今週の課題は1つです。



先週前半は、がたがたでした。

月曜からまずい流れを感じていたので、思い当たる節をいろいろ考え
結果、先日の記事「1月の検証で触れなかった事」に至った訳です。


木曜からは、ほぼ完全に修正できたと思います。

チェックリストどおり執行できていると
気持ちに迷いが無くていいですね。

その後伸びても、伸びなくても仕方の無い事ですから。


ただ、チェックリスト通りでは、これ以上成績が伸びないのも
先日の再検証で触れたとおり。

まずは△1つの手仕舞いと、△2つの手仕舞いをどう使い分けるか。

アベレージを意識した手仕舞いは、先生のお手本で何度も出ているので
ここを固めようと思います。


あとは、今まで頂いたアドバイスで

> フィボナッチのガイドラインは、全ての値が抵抗線となり得る

について、20MAの表示から変えて約1ヶ月
大分つかめてきた気がしています。

あと10000回ぐらいワンクリックシミュレーションをすれば
自信がつきそうな感じです。

日々の検証にも、判断の内容を織り交ぜていこうと思います。


今週もみなさま、よろしくお願いします<(_ _)>



おまけ

11/23 ADSK
ADSK_151123.jpg

・米国ナスダックマーケット2015/11/23(月)

思えばこの頃から、足の長さは意識してたんだなぁ。

2/3のTSLAと同じく、すかさず指摘をいただいています。
同じ手仕舞いは、この日以来でしたね。

TSLAの指摘で、Wボトムを付けた感じでしょうか?


11月は、ミスを減らすことの重要性。
12月は、36分のロスの意識と、ロスを減らす事の重要性。
1月は、チェックリストの重要性の再認識と、枠を超えるための考え方。

毎月で気付いた点を上げると
これこそが、1月の本当の検証結果だったのだと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する