1月の検証で触れなかった事

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

12月の検証は、3部作という大作だったのに

1月の検証はえらくあっさりしている。

そう感じた方も、いたのではないでしょうか?


自身は1月の検証記事を書いている時から、違和感を感じていました。

こんなに短い検証でいいのか。本題は別にあるのでは?と。


160206_07index.jpg


今週の手仕舞いのブレで、ようやく違和感の原因がはっきりしました。

今日の記事は、その1月の検証の補足です。


検証方法ですが、まず先月の課題が改善できているか、確認しました。

これは概ね問題ないと、月間検証で記事にした通り。


次は、オフィシャルとの成績の差を確認していました。

特に大きな差がある日は、大きな改善点が眠っている可能性があります。


これが次の課題になるケースが多いのですが
1月の検証では、この部分について、あえて書きませんでした。

というのも改善方法が、「意識しておく」という程度しか、考えつかなかったからです。


実はその「意識しておく」が、ブレの原因だったんです。


前置が長くなりましたが、その「意識しておく」とは何だったのか?

1月の結果を、改めて見てみましょう。


160205_04.jpg


成績の差で、ワースト3を見ると、1/13、1/20、1/28で
-1000ドル以上の差が出ています。


この3日分の取引記録を確認すると、何かヒントがあるのでは・・・


オフィシャルと比べ、大きな成績の差があったものと
手仕舞いに違いがあるものだけ、掲載していきます。



米国ナスダックマーケット13(水)

今日の36分時点での確定ロスは -980ドル。

残った銘柄は、① AKAM、② CHRW、③ BRCM、④ GILD
⑦ LULU、⑨ BLUE、⑩ CMCSA、の7つ。


・coolの検証記事 1/13


④ GILD -200ドル
GILD_160113.gif

×3つで脱出。
チェックリストの判定に従っていない。



⑦ LULU +110ドル
LULU_160113.gif

チェックリストの判定は問題なし。

先生の手仕舞いは31本目の頭。



160205_01LULU.gif

> ボトムがどこかが、ちょっとわかりにくいパターン。
> 下のレンジアベレージを見ると、ここが手仕舞い位置でしょう。



⑩ CMCSA -60ドル
CMCSA_160113.gif

チェックリストの判定は問題なし。

先生の手仕舞いは6本目の頭。



160205_02CMCSA.gif

> フィボナッチ50%の位置が手仕舞いのポイント。
> これだけ陰線が長いと、次はDOJIかプルバックが必ず来るからね。




米国ナスダックマーケット20(水)

今日の36分時点での確定ロスは -545ドル。

残った銘柄は、⑥ CMCSA、⑦ WDC、⑧ SPLK、⑩ BMRN、の4つ。


・coolの検証記事 1/20


⑥ CMCSA -260ドル
CMCSA_160120.gif

×1つで出ていない。
チェックリストの判定に従ってない。



⑦ WDC -140ドル
WDC_160120.gif

△2つで脱出していない。
チェックリストの判定に従ってない。

先生は5本目の頭で脱出。



160205_05WDC.gif

> 神風ギャッププレイには届かない長さでしたが、なかなかよいパターン。
> レンジアベレージの手間で3本の陰線が最も長くなったので、次のアタマで手仕舞い。



⑧ SPLK +1460ドル
SPLK_160120.gif

チェックリストの判定は問題なし。

先生の手仕舞いは1本前の頭。


> ショートサイド2銘柄で2500ドルですから、トータルでもかなりラク。
> こういう日は、陽線が出る前に、迷うことなく手仕舞いできます。




米国ナスダックマーケット28(木)

今日の36分時点での確定ロスは -2055ドル。

残った銘柄は、③ PYPL、④ LRCX、⑥ SAVE、⑧ DLTR、⑩ NCLH、の5つ。


・coolの検証記事 1/28


③ PYPL -190ドル
PYPL_160128_20160129135416093.gif

チェックリストの判定は問題なし。

先生の手仕舞いは1本前の頭。


> 2本目でいきなりレンジアベレージを突破したので、次のアタマで利益確保。
> 1本目が相当長いからなあ・・



④ LRCX +890ドル
LRCX_160128.gif

チェックリストの判定は問題なし。

先生の手仕舞いは4本目の頭。


> 3本目でレンジアベレージを突破。
> 800ドルというキリのいい数字とあいまって、これも次のアタマで利益確保。



⑥ SAVE +310ドル
SAVE_160128.gif

チェックリストの判定は問題なし。

先生の手仕舞いは19本目の頭。



160205_03SAVE.gif

> 1本目が長かったけれど、5本目の時点でロングサイドはプラス。
> ショートサイドも NCLH がグングン伸びて負けなしの展開だったのでホールド。
> 後半が延びた!



⑩ NCLH +870ドル
NCLH_160128.gif

△2つで脱出していない。
チェックリストの判定に従ってない。

先生は9本目の頭で脱出。



160205_06NCLH.gif

> 1本目が絵に描いたような、神風ギャッププレイパターン。 
> レンジアベレージあたりで利益確保。





ここまでで検証終わり。

順に見て何が問題だったのか?


まず1つは、チェックリストの判定に従って、手仕舞いしていない事。

該当は10件中、4件。

この点は、先月の検証で既に判明していました。


じゃあ、残り6件は何か?

この残り6件でも、成績に大きな差が出ている訳です。


実はこのもう1つの大きな違い。

これがずっと違和感を感じていた点だったのです。


っと、長くなってきたので、ここで一旦終了したいと思います。

続きは明日のお楽しみに!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する