1月のデモトレード検証

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

今日は1月最後の日という事で、今月の軌跡を振り返ってみました。

まずは1月に取引した、全成績から。


1月の全成績(参戦した日のみ)
160131_01.jpg


今月もトータルで勝ち越せませんでした(汗)

オフィシャルも苦戦してるし、仕方ないか・・・


さて先月の検証では、以下の点を問題としていました。

伸びしろが無いのに、粘ってみたり

トレンドラインが割れたのに、粘ってみたり

ルールを無視して粘ってみたり

粘るときの基準をもっと明確に意識しないといけないですね。


さてこの問題が解決したかというと・・・

まず週間の取り組みとして


・ 伸びしろが無いのに、粘ってないか?

・ トレンドラインが割れたのに、粘っていないか?

・ △2つで脱出しているか?



という点について、チェックと修正を行いました。

結果は以下の通り。


36分のロスが、大きな順に並べ替えたもの
160131_02.jpg


自身の成績
12月 ・・・ -5830ドル → -4154ドル

公式の成績との差
12月 ・・・ -14390ドル → -11224ドル

先月よりロスも、差も縮まっています!

そして36分のロスが-500ドル以上の日でも、勝てる日が出ています。
成果が出ていますね!


ただ、週間の検証ではいまだにルール違反があります。

1月中に改善できなかったのは残念ですが
かなり間違った癖がついてしまっていた、という事なのでしょうね。


週間の検証に引っかかった日を、改めて確認しましたが
△2つで脱出せず、利益が増えているパターンはありませんでした。


公式では△2つを持ち越して、さらに伸ばしている日もあるのですが
これはマネジメントの裏付けがあっての持ち越しで、考えなく持ち越すのとは訳が違います。

ここに慣れるためにも、まずは△2つの脱出がしっかり出来ていないと、ダメだと思いました。


という事で2月も引き続き、脱出で粘りすぎないように
週間の検証でチェックを行い、改善に取り組んでいきたいと思います!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する