乳酸菌はじめました!

こんばんは。と或るトレーダーのかんきちです。

引越しから約1ヶ月たち、大分落ち着いてきたので
今回は、乳酸菌の培養にチャレンジです。


160121_01.jpg


まずは、どうしてそんな事を急に始めたか?ですが・・・

ずっと関東に住んでいて「おそらく」放射線量の多い地区に
仕事で通っていた事もあって、低線量被爆が気になっていたからです。


放射線なんてレントゲンでも浴びるものと、問題視しない方もいると思いますが
レントゲンで使う放射線は、浴びても一瞬ですからね。

毎日24時間、365日浴びると、現在の放射線がどの程度の量になるか?
1度考えてみるのは、悪くないと思います。


160121_02.jpg


さて、自身は影響を感じたので、いろいろ対策を始めたわけですが
放射線の1番分かりやすい健康被害は「ガン」でしょう。

簡単に説明すると、放射線によって白血球が壊され
ガンに発症しやすくなるという流れです。


乳酸菌の効果は白血球を増やし、ガンを発症しにくくさせる感じですね。

作成した乳酸菌でヨーグルトを作り、少しでも免疫力を上げる作戦です。


160121_03.jpg


それでは今回試した、家庭でできる、乳酸菌培養の方法について。


~用意するもの~

・適当な容器

ボトルタイプで、注ぎ口の広いものが使いやすいと思います。
また、熱湯等で消毒するので、熱に強いものがオススメです。

※自身は100均で、電子レンジ使用可のものを購入しました。


~材料~

・米のとぎ汁(無洗米は不可)

・黒砂糖(今回は上白糖を使用して実験)

・粗塩(精製されていない塩)


~作り方~

① 容器を煮沸消毒する。
(今回は電子レンジで4分ほど、加熱消毒してみた)

② 米を最初にといだ時の汁を容器に入れる。
(とぎ汁は濃いほうが良いらしい)

③ とぎ汁に対し、1%の粗塩と、3%の砂糖を入れる。
(今回は家にあった岩塩と、上白糖を使用)

④ よく混ぜ合わせ、温かい場所に放置。
(30℃~40℃までが1番繁殖しやすいらしい)

⑤ 毎日振ったり、混ぜながら様子を見る。
(1日おきとかで、砂糖と塩をエサとして与える)

⑥ 約1週間で完成。甘酸っぱい匂いで成功。
(クサイ匂いがしたら、雑菌が繁殖した=腐ったで失敗)


詳しい培養の原理等は、以下のサイト様をご参考に。

・発酵液と豆乳ヨーグルトの作り方

・米のとぎ汁乳酸菌の作り方から活用・保存・拡大培養まで



地震が起こった直後は、これは海外に逃げるしかないかも・・・
とも、考えましたが現実的には無理。

すぐ周りの楽観意見に流されて、5年も経ってしまいました。

それでも何とかここまで漕ぎ着けたので、改めて自分の判断で
これからの事を考え続けたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する